ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 相談 > その他の相談 > 多様な性を認め合い、共に生きていく社会にむけて

本文

多様な性を認め合い、共に生きていく社会にむけて

『多様な性』を正しく理解

LGBTQ(エル・ジー・ビー・ティー・キュー)って何?

「LGBTQ」の意味を正しく理解していますか?

Lesbian(レズビアン)・・・・・・・・・・・・・同性を好きになる女性

Gay(ゲイ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・同性を好きになる男性

Bisexual(バイセクシュアル)・・・・・・・・・・両性を好きになる人

Transgender(トランスジェンダー)・・・・・・・《からだの性》と《こころの性》が異なる人

Questioning(クエスチョニング)・・・・・・・・・性のあり方を決められない、分からない、決めない人

「LGBTQ」はこれら5つの単語の頭文字から取られた言葉ですが、
多様な性を持つ人を総称する場合に使われることもあります。

~ 動画で見てみましょう ~
法務省人権擁護局 「多様な性について考えよう!」

 

この旗を見たことがありますか?
赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色から成る旗です

 この旗は、レインボーフラッグといいLGBTQの尊厳と社会運動を象徴するものです。
 現在では赤・オレンジ・黄・緑・青・紫の6色が使用されています。

「周りにいない」のではなく、「言えない」から「気づいていない」だけ?!

LGBTQとの人口規模は約8.9%(約11人に1人)との調査があります。(2018年、電通ダイバーシティ・ラボ調べ)

LGBTQ当事者の方たちは、以下のような様々な「生きづらさ」や「悩み」を抱えていることがあります。
○「普通の人ではない」というレッテルを貼られる。
○誤った認識や無関心による何気ない言葉が、当事者を傷つけることがある。
○就労にも壁がある。性的指向をオープンにすると就職できなかったり、在職中であれば離職を迫られたりする。
○性的指向について打ち明けたところアウティング(※)され孤立する。
 (※)アウティング:本人が望んでいないのに、他人によって自分のプライバシーが明かされること

こういった理由により、自身の性的指向や性自認を打ち明けられない人もいます。

性のあり方(性的指向・性自認=SOGI)は、一人ひとり違っています

性のあり方は、「身体の性」だけでなく、「性的指向」「性自認」「表現する性」の4つの指標があるといわれています。

☆性的指向(Sexual Orietation):どんな性別の人を好きになるのか

☆性自認(Gender Identity):身体の性とは関係なく、自分自身の性をどう思っているか

皆がみんな異性を好きになるのではありません。
同性を好きになる人、同性も異性も好きになる人、どちらも好きにならない人、
身体の性は男性でも、こころの性は女性の人、自分自身の性が男性か女性か決めかねている人

みんなが違った「性のあり方」を持っています。

だからこそ、その多様性を認め合い、共に生きていくことが必要です。

一人ひとりの個性が尊重され、その能力が十分に発揮される環境づくり、すなわち多様性を認め合う社会を実現することは、多くの人たちが暮らしやすい居場所となるのではないでしょうか。

朝霞市での取り組み

朝霞市では行政手続きを行う上で、必要な各種申請書等において、不必要な性別欄は削除することや男女以外の欄を設ける取り組みを進めています。

また、多様な性への理解を深めるセミナーの開催や、窓口や電話対応における配慮等を行っています。
H28年度あさか女(ひと)と男(ひと)セミナー第4回 誰もが自分らしく生きるために~男女の枠を超えて多様な性を知ろう~  [PDFファイル/354KB]

平成30年広報あさか3月号にて、性的マイノリティをテーマに特集記事を掲載しました。
男女平等推進情報そよかぜNo40 「教えて!LGBTのこと~多様な性を知る 自分らしく生きられる社会へ~」 [PDFファイル/940KB]

 

令和元年度作成したリーフレット・チラシ

 ○若年層向けチラシ

  性に関する考え方は、あなた自身も、あなたが思う大切な人も、みんな誰一人として同じ人はいません。

  その個性や能力を尊重し、お互いに認め合うことが大切です。

あなたにとって大切なこと~こころの性はいっぱいある~

 

 ○一般向けリーフレット

   誰もが持ち合わせている性的指向・性自認(SOGI)に関し、正しい理解をしていただくためのリーフレットです。

   性の多様性の正しい理解

 

 ○企業向けチラシ

   LGBTに関する基本的な知識を得ていただくための企業向けに作成したチラシ

   このチラシは、四市(新座市・志木市・和光市・朝霞市)人権担当が協働して作成しました。

企業向けちらし

相談窓口

性に関して何らかの違和があり、そのことで生きづらさや悩みを抱えている方はご相談ください。
※1、2は、いずれも専門の相談窓口ではありませんが、お話をお伺いします。

1.朝霞市人権庶務課(人権相談

2.朝霞市女性センター

 

朝霞市人権相談、朝霞市女性センターは、いずれも専門の相談窓口ではありませんが、お話をお伺いします。

東京弁護士会

よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)

県の相談窓口

 

性的少数者(LGBT)のための相談案内
性的少数者(LGBT)のための相談窓口
相談案内(東京弁護士会、よりそいホットライン、男女共同参画推進センター、県立精神保健福祉センター、よい子の電話教育相談
相談窓口(埼玉労働局)

こちらからダウンロードできます。
性的少数者(LGBT)のための相談案内 [PDFファイル/1.31MB]

 

LGBTQ県民講座(オンラインで開催)

 令和3年度埼玉県LGBTQ県民講座  ~多様な性ってなんだろう~

  「LGBTQ」当事者のライフヒストリーを交えながら、基礎知識を学びます。

配信期間: 令和3年8月1日(日曜日)から令和3年12月24日(金曜日)

視聴方法: インターネットによる一般公開(YouTube) 事前申込不要・無料

講    師: 小川 奈津己(おがわ なつき) 

                 認定特定非営利活動法人ReBit教育事業部マネージャー

テ  ー  マ: (1)多様な性とは? (2)LGBTQ当事者のヒストリー (3)社会における多様な性

U   R   L: https://youtu.be/eW1MR-T4-N4

問  合 せ: ヒューマンアカデミー株式会社(委託)  048-647-6240

主   催: 埼玉県人権推進課                048-830-2258

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)