ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 交通 > 道路 > 交通社会実験の結果を協議会で検討した結果、朝霞駅南口駅前通りにおける一方通行化の本格実施は、見送ることとなりました。

本文

交通社会実験の結果を協議会で検討した結果、朝霞駅南口駅前通りにおける一方通行化の本格実施は、見送ることとなりました。

朝霞駅南口駅前通りにおける一方通行化の本格実施は、見送ることとなりました。

朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化の目的

 朝霞の玄関口である朝霞駅南口駅前通りにおいて、「誰もが安心・快適に買い物ができるような歩行者空間の確保」を目指し、車両の一方通行化により、車道を狭め、道路両側の路側帯を広げる交通社会実験を、平成27年10月17日(土)午前6時から3週間にわたって実施しました。

アンケート調査の結果概要

 駅前通りを通行する歩行者、自転車及び自動車にとって安全性が向上したと高い評価を得ました。歩行者及び自転車には路側帯の幅が広がりゆとりある通行空間が確保できたこと、自動車には対向車がなくなったことが要因と考えられます。

 その一方で、一方通行化によって駅前通りの賑わい・魅力はあまり変わらないという回答が最も多く、地元商店会(駅前商店会、本町商店会)では、約2割の方が賑わい・魅力が減る又は少し減ると回答しました。また、集客についても、駅前商店会で約2割、本町商店会で約1割の方が、集客が減る又は少し減ると回答しました。このため、今回の交通社会実験では、最初に述べた通行の安全性が、商業的な賑わい・魅力や集客にそれほど効果をもたらさず、逆に悪影響を受けたとする方もおり、アメニティーロード化の本来の目的を鑑みると課題が残る結果となりました。

交通量調査の結果概要

 駅から市役所方向へ向かう自動車について、計画では朝霞郵便局前の市道1000号線に迂回するよう誘導することとし、案内看板等で周知に努めたものの、交通量調査の結果、市道1000号線だけでなく、朝霞スイミングスクール前の市道703号線や、アサカベーカリー前の市道1号線の交通量が増加しており、一方通行化による周辺道路への影響を抑制することについては課題が残りました。

地元商店会及び周辺住民・地権者等との意見交換会の結果概要

 平成28年2月12日及び14日に、交通社会実験の結果をふまえ、地元の商店会及び周辺住民・地権者等を対象に意見交換会を実施しました。その結果、地元商店会からは、一方通行化よりも路線バスの迂回を希望するとの意見でまとまりました。

結論

 平成28年3月28日の協議会において、アメニティーロード化の本来の目的に鑑み、地元商店会の方々のご意向をふまえ、協議会として、一方通行化の本格実施は見送り、今後は路線バスの迂回について要望・協議を行っていくことを決定しました。

○朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化交通社会実験をふまえた今後の方針 [PDFファイル/144KB]

交通社会実験中の交通量調査、アンケート調査の結果について

 平成27年10月17日から3週間に渡り実施した今回の交通社会実験中に、朝霞駅南口駅前通りの一方通行化によって、駅前通りや周辺の道路の交通量にどのような影響が現れるかを把握するため、交通量調査と自動車速度調査を実施しました(調査日:平成27年11月1日、5日)。

 また、今回の実験について現地での聞き取り調査やアンケート用紙の配布を行い、ホームページ上でもアンケート用紙を配布し、ご意見・ご感想を募集しました。(アンケート募集期間:11月6日~11月16日)。

 この2つの調査の結果は以下の通りとなりました。

交通量調査結果(平成28年3月)

アンケート調査結果(平成28年3月)

アンケート用紙(閲覧用)

朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化意見交換会の開催について(意見交換会は終了しました)

 市では、今後の駅前通りのアメニティーロード化の方針を決定するにあたり、平成27年10月17日から3週間に渡り実施した一方通行交通社会実験中に行ったアンケート調査・交通量調査の結果をご報告し、駅前通りの一方通行化について皆様のご意見をいただくための意見交換会を計3回行いました。

開催日時

○本町商店会対象:平成28年2月12日(金曜日)19時~

○駅前商店会対象:平成28年2月14日(日曜日)17時~

○周辺住民対象  :平成28年2月14日(日曜日)19時~

※意見交換会はすべて終了しました。

参加人数

○本町商店会対象意見交換会: 8名

○駅前商店会対象意見交換会:21名

○周辺住民対象意見交換会  : 5名

※事務局を除く

会議資料

朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化交通社会実験(一方通行規制)概要(実験は終了しました。)

朝霞駅南口駅前通りの歩行者空間を確保するために、期間を限定して一方通行規制の交通社会実験を実施しました。

一方通行の区間

市役所前交差点~朝霞駅南口交差点

一方通行の方向

朝霞市役所から朝霞駅への一方通行

一方通行規制の対象

歩行者・自転車を除く全車両

実験期間

平成27年10月17日(土曜日)午前6時~11月7日(土曜日)午前6時 終日

交通社会実験のチラシ・ポスター

意見交換会・住民説明会

〇これまでに開催した意見交換会・住民説明会

 ・朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化社会実験 直前説明会

 (平成27年10月2日、4日に開催しました。)

  直前説明会 案内チラシ [PDFファイル/359KB]

  直前説明会 説明資料 [PDFファイル/6.09MB]

  直前説明会 配布資料 [PDFファイル/1.51MB]

 ・朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化交通社会実験 実施説明会

  (平成27年7月24日、25日に開催しました。)

  実施説明会 案内チラシ [PDFファイル/359KB]

  実施説明会 説明資料 [PDFファイル/2.83MB]

  実施説明会 配布資料 [PDFファイル/1.5MB] 

 ・朝霞駅南口駅前通りアメニティーロード化交通社会実験 意見交換会

  (平成26年8月30日に開催しました。)

  意見交換会 案内チラシ [PDFファイル/448KB]

  意見交換会 説明資料 [PDFファイル/1.97MB]

  意見交換会 配布資料 [PDFファイル/1.58MB]

「広報あさか」掲載記事

実験期間中のイベント

〇駅前通りを歩いてみよう!スタンプラリー(イベントは終了しました。) 

 交通社会実験期間中、一方通行になった朝霞駅南口駅前通りを体験していただくためのイベントを行いました。

 ・ガラガラ抽選会

  開催期間:平成27年10月26日(月曜日)~10月30日(金曜日)、11月1日(日曜日)

  開催時間:午前11時~午後4時

 ・スタンプラリー(仲町ふれあいバザール内)

  開催日:平成27年11月1日(日曜日)

  開催時間:午前11時~午後4時

 主催:朝霞市商工会  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)