ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市税を納めるには

 市税は、金融機関やコンビニエンスストアでも納付できます。市税の納付場所は次のとおりです。
 また、便利な口座振替もご利用ください。

市の機関等

 市役所1階銀行派出所、内間木支所、朝霞台出張所、朝霞駅前出張所で納付することができます。
 納付書をなくしてしまったときは、収納課で再交付を受けてください。電話による再交付も受け付けています。

市税の納付場所

 次の金融機関の本店・支店で納付することができます。

銀行 埼玉りそな銀行、武蔵野銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、きらぼし銀行、東和銀行
信用金庫 埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、東京信用金庫、巣鴨信用金庫
その他 中央労働金庫、あさか野農業協同組合
ゆうちょ銀行・郵便局 1都7県(埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)内のゆうちょ銀行・郵便局
※納期限を過ぎたものはお取扱いできません

コンビニエンスストア

 次のコンビニエンスストアで納付することができます。
(全国の店舗でご利用いただけます。)

納付できる税目等 市県民税(普通徴収のみ)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税、(介護保険料、後期高齢者医療保険料についても、納付いただくことができます。)

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ミニストップ、ポプラ、スリーエイト、くらしハウス、生活彩家、MMK(マルチメディアキオスク設置店)、コミュニティ・ストア、セイコーマート、ハマナスクラブ、ニューヤマザキデイリーストア

※収納代行会社 三菱UFJニコス(株)

ご注意

 次の納付書についてはコンビニエンスストアでのお取扱いはできませんので、市役所、金融機関等の窓口をご利用ください。

  • バーコードが印刷されていない納付書
    (1期の税額が30万円を超える場合、バーコードは印刷されていません。)
  • 汚損などで、バーコードが読み取れない納付書
  • コンビニ利用期限を過ぎた納付書(期限については納付書に記載しています。)

市税の納付は口座振替制度をご利用ください

 口座振替は、指定された預貯金口座から自動的に引き落として納税する便利な制度です。一度手続きをすると翌年度からも自動的に継続されます。

お申し込み手続き等

取扱税目 市県民税(普通徴収のみ)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税
取扱金融機関  次の金融機関の本店・支店で口座振替の依頼をすることができます。
埼玉りそな銀行、武蔵野銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、きらぼし銀行、東和銀行、埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、東京信用金庫、巣鴨信用金庫、中央労働金庫、あさか野農業協同組合、ゆうちょ銀行・郵便局
お申し込み手続き  納税通知書に添付(*1)または金融機関の窓口に備えてある申込用紙(*2)に必要事項を記入のうえ、お取引のある金融機関に直接(*3)お申し込みください。
*1
・納税通知書に添付の申込用紙はゆうちょ銀行・郵便局ではご利用できませんので、ゆうちょ銀行・郵便局に備え置きの用紙でお申し込みください。
・軽自動車税の納税通知書には申込用紙が添付されていませんので、金融機関に備え置きの用紙でお申し込みください。
*2 朝霞地区4市(朝霞市、志木市、和光市、新座市)外の金融機関の窓口には申込用紙がありません。
 用紙が必要な場合は収納課にご請求いただければ、ご自宅等に郵送いたします。
*3 金融機関に出向くことが難しい場合は、収納課に提出することもできます(ゆうちょ銀行・郵便局を除く)。ただし、収納課では口座番号や届出印の確認ができませんので、記載事項に誤りがないようご注意ください。
必要なもの  納税通知書、預貯金通帳、通帳届出印(納税義務者と口座名義人が異なる場合は納税義務者の印鑑もお持ちください。)
振替の開始  お申し込みから最初の振替までに1か月ほどかかりますので、余裕をもってお申し込みください。)

口座振替に関するご案内

  1. 振替日は、各納期限の日とします。(全期前納を選択した場合は第1期の納期限の日に1年分をまとめて振替えます。)
    なお、納期限の日が金融機関等の休日のときは翌営業日に振替えます。
  2. 振替日に預金不足等で引落としが出来ない場合は、後日納付書を送付しますので、その納付書により納付してください。なお、この場合延滞金がつくことがありますので、十分ご注意ください。
  3. 納期を過ぎた分については、再振替できません。
  4. 口座振替領収済通知書の発行は省略しておりますので、通帳により確認してください。なお、軽自動車税については、6月の中旬頃までに継続検査用納税証明書を送付しますが、到着前に証明書が必要な場合は、収納課までお問い合わせください。
  5. 納税義務者が異なる場合、納税義務者ごとにお申し込みください。
  6. 固定資産税・都市計画税をお申し込みで、登記内容(登記名義、共有持分、共有者等)に変更があった場合、新たにお申し込みが必要となります。また、朝霞市から転出し、再度転入された場合、継続されない場合がありますので、担当課にご確認ください。
  7. お申し込みの際には、必ず全期前納または期別の納付方法のどちらかを指定してください。指定がない場合は、期別納付とします。
  8. 軽自動車税の振替は、所有している軽自動車、バイク等にかかる税額が一括して引落としになります。

延滞金の計算について

 納期限までに税金が完納されないときは、その翌日から税金完納の日までの期間の日数に応じ、延滞金を徴収します。

  →延滞金の計算

納税の猶予について

 市税・国民健康保険税(以下、「市税等」という)を一時に納付することができない方のために、一定の要件に該当する場合、猶予を受けられる制度があります。

徴収猶予

 一定の要件が理由で、市税等を一時に納付することができない場合、申請により、1年以内の期間に限り、徴収猶予が認められる場合があります。  

 →徴収猶予該当要件等(猶予該当要件、猶予の効果など)

換価の猶予

 市税等を一時に納付することにより、その事業の継続または生活の維持を困難にする恐れがあるなどの一定の要件に該当するときは、その市税等の納期限から6か月以内に申請をすることにより、1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められる場合があります。

 →換価の猶予該当要件等(猶予該当要件、猶予の効果など)