ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 税金 > 個人市・県民税 > 令和元年分の市民税・県民税の申告及び確定申告(事業・不動産・譲渡所得のある方、所得税の住宅借入金等特別控除の申告のある方を除く)を受け付けます

本文

令和元年分の市民税・県民税の申告及び確定申告(事業・不動産・譲渡所得のある方、所得税の住宅借入金等特別控除の申告のある方を除く)を受け付けます

確定申告の受付について

受付会場と日程

受付会場 受付期間および時間

市役所別館
5階大会議室

2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)(土・日曜日、祝日を除く)
午前9時~午後4時
ただし、2月24日(月曜日・休日)の午前9時~午後4時は受け付けを行います。

産業文化センター
2階研修室

3月1日(日曜日)
午前9時30分~午後4時

市民税・県民税の申告の他、給与所得者および年金所得者の所得税還付申告についても、上記のとおり受け付けています。

事業・不動産・譲渡所得のある方、所得税の住宅借入金等特別控除の申告は、税務署での受け付けとなります。

※シンボルロードの工事のため、市役所駐車場が例年より狭くなります。市役所にお越しの際はできる限り公共交通機関をご利用ください。

申告会場混雑予想

申告にお持ちいただくもの

【給与所得者または年金収入のある方】令和元年分源泉徴収票等

【事業所得等その他の所得のある方】帳簿類など所得金額が証明できるもの

令和元年中(平成31年1月1日~令和元年12月31日)に支払った国民年金保険料・国民健康保険税(料)・長寿(後期高齢者)医療保険料・介護保険料などの社会保険料の支払証明書または領収書

令和元年中(平成31年1月1日~令和元年12月31日)に支払った生命保険料・地震保険料および平成18年末までに締結した長期損害保険料の支払証明書

【障害者控除を受ける方(被扶養者を含む)】身体障害者手帳、障害者控除対象者認定書など

【勤労学生控除を受ける方】学生証または在学証明書

【医療費控除を受ける方】令和元年分医療費控除の明細書 ※医療費の領収書でも可能 【セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を受ける方】令和元年中において健康の維持増進および疾病の予防への一定の取り組みを行ったことを明らかにする書類・令和元年分セルフメディケーション税制の明細

印鑑

マイナンバーカード(お持ちでない方は通知カード等+運転免許証や健康保険証等の本人確認書類)※マイナンバーが提示できない方についても、その他の資料がそろっている場合は申告を受け付けます。

【お持ちの方】利用者識別番号

ご注意ください

・申告を忘れると、児童手当等を受けるときや保育園に入園するとき、融資を受けるとき、年金の免除申請をするときなどに必要な証明書等の発行ができません。 

・収入のなかった方についても、申告をしていただくことにより非課税証明書の発行、国民健康保険税(料)・介護保険料などの算定の基礎資料となりますので、忘れずに申告してください。

・ご家族の方が申告や年末調整の際にあなたのことを税法上の扶養(社会保険などの健康保険の扶養に入ることとは異なります)とする記載が漏れている場合もありますので、ご確認ください。この場合、ご家族の方の申告が必要です。

郵送での提出がおススメです!

 市民税・県民税の申告書は郵送で提出することができます。申告会場で長時間待つ負担がなくおすすめです。郵送での申告を希望する方で、申告用紙がない場合はお問い合わせください。

※郵送で申告する場合は、マイナンバーカード(または通知カード等と本人確認資料)の写し・源泉徴収票・その他各種控除証明書および領収書を同封(のり付け不要)してください。