ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 施策・計画 > 個別の計画(都市整備分野) > エリアプラットフォーム『あさかエリアデザイン会議』(官民連携まちなか再生推進事業)
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 都市計画 > まちづくり > エリアプラットフォーム『あさかエリアデザイン会議』(官民連携まちなか再生推進事業)

本文

エリアプラットフォーム『あさかエリアデザイン会議』(官民連携まちなか再生推進事業)

『あさかエリアデザイン会議』が行う事業について

事業の概要

この事業は、朝霞駅周辺地区(南口)において、官民の多様な人材が参画する官民連携組織(エリアプラットフォーム)をつくり、共同でまちなかの諸課題の改善に取り組むものです。
令和3年度は、まちの理想的な未来ビジョン等の策定を目指します。この未来ビジョンでは、ウォーカブル※なまちなかの構築や、商業の活性化などをテーマとして、新型コロナ危機を契機とした職住近接の「新たな日常」に対応したまちづくりの視点も取り入れ、道路、公園、公共空地といったオープンスペースの利活用を軸とした施策を検討します。
 ※ウォーカブル・・居心地がよく歩きたくなる人中心のまちなかのこと。
(令和3年度国土交通省採択事業)

事業目的

朝霞駅周辺地区(南口)において、現在のまちの諸課題を改善し、暮らしの質の向上につながる「まちの未来ビジョン」等を策定することを当面の目的としています。
また、事業の重要な観点は次のとおりとしています。
・ひと中心の、居心地がよく歩きたくなるようなまちなかの構築
・新型コロナ危機を契機とした「新たな日常」に対応したまちなかへの転換
・道路、公園、駅前広場、公共空地等のオープンスペースの利活用促進
・滞在、滞留拠点づくりや空き店舗等の活用を通じたにぎわい創出と商業活性化
・エリア全体のウォーカブルネットワーク化と回遊性向上
・パブリック空間へのミニパークや休息できるベンチ等の設置の推進
・安全でゆとりある歩行者空間創出及び交通対策
・緑の多面的機能を活用するグリーンインフラの充実

対象エリア

対象エリア

ご意見の募集

(1)現在のまちの課題・改善アイデア(募集は終了しました)

募集ページはこちら

(2)エリアプラットフォームでの検討事項全般(募集中)

このページに掲載している内容に関することなど、この事業全般へのご意見を幅広く募集しています。
小さなことでも結構ですので、お気軽にお寄せください。(様式自由)
関係資料は順次公開予定です。

 募集期間:通年で募集中

ご意見の提出先

官民連携エリアプラットフォーム「あさかエリアデザイン会議」事務局
朝霞市まちづくり推進課 宛て
メール:mati_zukuri@city.asaka.lg.jp
Fax:048-463-9490
郵送先:〒351-8501 朝霞市本町1-1-1 朝霞市役所まちづくり推進課 宛て
※件名は「朝霞駅周辺地区の未来ビジョンへの意見」等としてください。

〔ご注意〕

・ご意見は、対象エリア内に関することに限ります。
・ご意見の提出にあたり、お名前やご住所などの個人情報を記載いただく必要はございません。
・個別の公共施設や店舗に関するご意見・クレームはお受けしておりません。
・提出されたご意見に対し個別に回答は行いません。
・いただいたご意見は個人情報を除き、市ホームページや今後作成する朝霞駅周辺地区の未来ビジョン資料に掲載する可能性がございますのでご了承ください。

 

未来ビジョンについて(策定中)

※こちらはあくまでイメージです。具体的には今後検討していきます。

(駅西口富士見通線 未来イメージ)

駅西口富士見通線

(市役所通り 未来イメージ)

市役所通り

 

個別の検討事項

1 エリアの交通計画(ウォーカブル推進関係)

駅西口富士見通線や朝霞駅南口駅前通りの交通対策やオープンスペースとしての利活用について、今後検討を進めていきます。

【埼玉大学資料】居心地良く歩きたくなるまちなかの形成に向けた提案 [PDFファイル/5MB]

【埼玉大学資料】駅西口富士見通線、朝霞駅南口駅前通り 今後の進め方の提案 [PDFファイル/2.34MB]

ボンエルフ 道路上にミニサッカー場

ハノーファー市 子どもたちのための道路空間

 

2 まちなかのオープンスペースの活用(商業活性化関係)

コロナ禍も踏まえ、オープンスペース(公共空間)や空き店舗などの活用を交えた商業活性化策について検討を進めていきます。

まちの活用プロジェクト@あさか(仮) [PDFファイル/2.79MB]

・ちいさないち@まちのいち場(令和3年8月4日、8月27日開催)

※本イベントは、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の期間中は、開催を中止いたします。

朝霞駅前通りにある空地「まちのいち場」でちいさなマーケットを開催します

  

エリアプラットフォーム(官民連携まちづくり組織)について

 
名称 (仮)あさかエリアデザイン会議
設立 (仮)令和3年4月
活動目的 朝霞駅周辺地区(南口)におけるまちなかの魅力向上に関する事項を協議し、未来ビジョンの策定及びそれを実現する事業等の実施を通じて、朝霞駅周辺地区(南口)の活性化と発展に貢献することを目的とする
構成員(仮)

朝霞市、NPO法人スマイルあさか、朝霞駅前商店会、コトノハコ、朝霞市自治会連合会、富士見町内会、埼玉縣信用金庫朝霞支店、朝霞市商工会、(公財)朝霞市文化・スポーツ振興公社 など

学識経験者・・・埼玉大学大学院 久保田教授、小嶋准教授

        (一社)ランドスケープアーキテクト連盟 戸田会長

規約 (検討中)

 

エリアプラットフォーム会議結果

(令和3年度)
会議名 開催日時/場所 会議結果(概要)

第1回エリアプラットフォーム構築会議

4月23日(金曜日)/朝霞市役所

会議結果(概要) [PDFファイル/83KB]

第2回エリアプラットフォーム構築会議

6月2日(水曜日)/朝霞市役所 

会議結果(概要) [PDFファイル/82KB]

※会議は非公開につき傍聴はできません。ご了承ください。

会議の様子

  令和3年4月23日の会議の様子

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)