ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 特定健康診査・人間ドックのご案内
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 健康診断 > 特定健康診査・人間ドックのご案内
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 健康維持 > 特定健康診査・人間ドックのご案内

本文

特定健康診査・人間ドックのご案内

 特定健康診査・特定保健指導は40歳から74歳までの方を対象に、生活習慣病予防対策として医療保険者に義務づけられています。
 生活習慣病は、自覚症状がほとんどを出ないため、毎年の健診による発見がとても重要です。今まで受けなかった方はもちろん、昨年受けた方は健診結果を昨年と比較し、生活習慣病の予防やご自身の健康を管理するきっかけとして、ぜひ受診してください。

予約開始日

 平成30年日(金曜日)から各実施医療機関で予約を受け付けます。

健診期間

 平成30年日(日曜日)~平成30年1231日(月曜日)
 ※予約状況等は、各医療機関にお問い合わせください。

対象者

(1)特定健康診査(個別)・(2)こくほの総合健康診査(集団)を受診できる方

朝霞市国民健康保険に加入しており、今年度中(平成31年3月31日まで)に40歳になる方~74歳の方。

(3)人間ドック(個別)を受診できる方

朝霞市国民健康保険に加入しており、受診される時点35歳74歳の方。

注意事項等

※特定健康診査・人間ドックを受診される時点で朝霞市国民健康保険の資格を喪失した場合(他の保険に加入された場 合等)は、対象となりませんのでご注意ください。

※特定健康診査・人間ドックを受診される時点で75歳になる方は、後期高齢者医療制度での受診となります。後期高齢者医療制度での受診の問い合わせは保険年金課高齢者医療係(048-463-1928)へ

健診内容

(1) 特定健康診査(個別) 

(2) こくほの総合健康診査(集団) ※特定健康診査とがん検診のセット健診です。市役所を会場とし、年5日実施します。 

(3) 人間ドック(個別)

希望の健診を1つ選んでください。

※これらの健診は、埼玉県コバトン健康マイレージ対象事業です。受診した方には、ポイントが加算されます。

健診費用

(1)特定健康診査(個別)無料
(2)こくほの総合健康診査(集団)※特定健康診査とがん検診のセット検診です。

特定健診は無料
がん検診は有料

(3)人間ドック(個別)自己負担金10,000円

※健診後の医療行為、再検査、精密検査等にかかる費用は、自己負担となります

検査項目

(1)特定健康診査・(2)こくほの総合健康診査・(3)人間ドック共通

  • 問診
  • 計測〔身長、体重、BMI、腹囲〕
  • 血圧測定
  • 血液検査
    ・脂質検査〔中性脂肪、HDL・LDLコレステロール〕
    ・肝機能検査〔AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)〕
    ・血糖検査〔空腹時血糖、ヘモグロビンA1c〕
    ・腎機能検査〔クレアチニン、eGFR、尿酸〕
    ・貧血検査〔赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値、白血球数、血小板数〕
  • 尿検査〔尿糖、尿蛋白、尿潜血〕
  • 心電図検査
  • 眼底検査(医師の判断により実施します。)

(3)人間ドックを受診する方は以下の内容が追加されます。

  • 視力検査
  • 脈拍
  • 血液検査
    ・脂質検査〔総コレステロール〕
    ・腎機能検査〔BUN〕
    ・肝機能検査〔蛋白分画、LDH、ALP、総蛋白〕
    ・その他の血液検査〔アミラーゼ、CPK〕
  • 尿検査〔ウロビリノーゲン〕
  • 消化器検査〔X線検査(バリウム)または内視鏡検査いずれか選択可能〕
  • 胸部レントゲン検査
  • 便潜血反応検査

受診方法

特定健康診査受診券及び、特定健康診査・人間ドック受診の手引きの送付について

4月30日において朝霞市国民健康保険に加入中の40歳以上の対象者には、6月中旬頃、『特定健康診査受診券(以下、「受診券」)』『特定健康診査・人間ドック受診の手引き(以下、「受診の手引き」』と、『こくほの総合健康診査申し込み封筒』を送付します。通知が届いていない方受診券の再交付をご希望の方は、ご連絡ください。
5月1日以降に転入や他の健康保険から朝霞市国民健康保険に新規加入された方受診を希望される方はご連絡ください。ただし、今年度において他の健康保険の保険者が実施する健康診査等(事業主が実施する健康診断を含む)を受けていない方に限ります。

国民健康保険に加入している35歳から39歳の方で、受診の手引きをご希望の方はご連絡ください。35歳から39歳の方は、受診券が無くても受診できます。

平成30年度特定健康診査・人間ドック受診の手引き(全体) [PDFファイル/3.69MB](このPDFファイルは印刷できません)

申し込み方法

詳細は、受診の手引きをご覧ください。
特定健康診査・人間ドック受診の手引き(利用の流れP2~P3) [PDFファイル/474KB](このPDFファイルは印刷できません)

(1) 特定健康診査(個別)

実施医療機関一覧から受診する医療機関を選び、直接申し込みをしてください。

平成30年度4市特定健康診査実施医療機関一覧

特定健康診査・人間ドック受診の手引き(朝霞市実施医療機関一覧P5~P6) [PDFファイル/936KB](このPDFファイルは印刷できません。)

※受診の際は、朝霞市国民健康保険被保険者証(以下「保険証」)と、受診券をお持ちください。

(2) こくほの総合健康診査(集団) 

受診の手引きを確認し、保険年金課に申し込みをしてください。(専用封筒での郵送申し込み)

申し込み締切りは7月10日(火曜日)です。

健診は年5日実施し、日程は9月22日(土曜日)、30日(日曜日)、女性限定日は9月23日(日曜日)、24日(月曜日祝日)、29日(土曜日)です。

特定健康診査・人間ドック受診の手引き(こくほの総合健康診査ご案内P7) [PDFファイル/936KB](このPDFファイルは印刷できません。)

(3) 人間ドック(個別)

実施医療機関一覧から受診する医療機関を選び、直接お申し込みください。

平成30年度4市人間ドック実施医療機関一覧

特定健康診査・人間ドック受診の手引き(朝霞市実施医療機関一覧P5~P6) [PDFファイル/936KB](このPDFファイルは印刷できません。)

※受診の際は、保険証受診券(40歳以上)、自己負担金10,000円)をお持ちください。35~39歳の方は、受診券がなくても受診できます。

※志木市・新座市・和光市の実施医療機関で受診する場合は、お申し込み後、保険年金課にて必要書類を受け取ってください(郵送も可能ですが、期間に余裕をもってご連絡ください)。

その他

費用を全額自己負担して健診を受けた方に対し健診費用を一部助成しています

 朝霞市国民健康保険人間ドック検診等補助金交付要綱に基づき実施しています。詳しくは受診の手引き(P4)をご覧ください。

対象者:次の条件を満たす方。(1)受診日時点で国民健康保険加入している35歳から74歳の方、(2)平成30年度中に国民健康保険で実施している特定健康診査および人間ドックを受けない方、(3)健診を全額自己負担して受診した方。

対象となる健診:平成30年4月1日以降に受診したもので、特定健康診査の項目を満たしている健診(就職等のために受けた健診は対象外)。
※平成29年7月1日から12月31日に実施医療機関以外で受診したものに限り、受診日から1年以内であれば申請できます。

申請窓口:朝霞市役所保険年金課(1階17番窓口) ※申請は受診日から1年以内。

持ってくるもの:保険証、問診票(写し)、特定健康診査受診券(40歳以上の方)、健診費用を証明する書類(領収書)、医療機関が発行した健診結果票(写し)、申請者の口座がわかるもの(通帳等)
※受診した方以外の口座に振り込む場合は委任状(印鑑) [PDFファイル/45KB]が必要

申請書等:保険年金課で記載をお願いします。事前に記入されたい方は、こちらのPDFファイルを印刷しご利用ください。
人間ドック検診等補助金交付申請書(様式1) [PDFファイル/96KB]
人間ドック問診票 [PDFファイル/87KB](写しのない方は、こちらにご記載ください)

職場等の健診を受け国保の健診受けない方へ、クオカード500円分を差し上げています

朝霞市国民健康保険特定健康診査に係る健診情報提供事業実施要綱に基づき、下記のとおり実施しています。

対象者:次の条件を満たす方。(1)受診日時点で国民健康保険加入している40歳から74歳の方、(2)職場等の健診を受け、国民健康保険で実施している特定健康診査および人間ドックを受けない方

提出窓口:朝霞市役所保険年金課(1階17番窓口) ※申請は受診日から1年以内。
郵送の場合は、〒351-8501、朝霞市本町1-1-1、朝霞市役所保険年金課保健事業係まで。

持ってくるもの:保険証、特定健康診査受診券(40歳以上の方)、医療機関が発行した健診結果票(写し)、情報提供基礎データ(受診の手引き(P3)を記載し、切り取ったものを持ってくる、もしくは保険年金課にて記載)


市では、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん検診や、その他健診も実施しています。組み合わせて受診し、健康管理に役立てましょう。

詳しくは各種健(検)診の詳細

特定保健指導

 特定健康診査・人間ドック(39歳以下は含まず)の結果から、生活習慣病のリスク要因が重なった方へ保健指導を実施します。保健師・管理栄養士などの専門スタッフが、一人ひとりの健康状態やライフスタイルに合わせた保健指導を行い、生活習慣改善を支援します。特定健康診査の結果を受け取ったら、ご自分の結果と判定基準を見比べてみましょう。
 ※対象の方へは、市から個別に案内が届きます。実際の保健指導は、市が委託する事業者が行います。

第3期朝霞市特定健康診査等実施計画

 平成20年度から、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、国民健康保険や健康保険組合などの医療保険者には、40歳から74歳までの被保険者に対して、糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査(特定健康診査)及び健康診査の結果により健康の保持に努める必要がある者に対する保健指導(特定保健指導)を実施することが義務づけられました。
 朝霞市国民健康保険では、この特定健康診査および特定保健指導を効果的かつ効率的に実施するため、「第3期朝霞市国民健康保険特定健康診査等実施計画」を策定しました。本計画は、保健事業の中核をなす特定健康診査等の実施方法を定めるものであるため、保健事業実施計画(データヘルス計画)と一体的に策定し、第2章に集約しています。

計画の実施期間

  平成30年度から平成35年度(6年間)

計画の目標値

区分

平成30年度

平成31年度平成32年度平成33年度

平成34年度

平成35年度
特定健康診査受診率

45%

48%

51%

54%

57%

60%

特定保健指導実施率

25%

32%

39%

46%

53%

60%

計画の内容

  第2期朝霞市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)