ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

後期高齢者医療制度

 後期高齢者医療制度は、75歳以上の方(生活保護受給者等を除く)と65歳から74歳で一定の障がいの状態にある方(本人の申請により、埼玉県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方)が加入する医療保険制度です。
 制度の運営は、埼玉県内の全市町村が加入する埼玉県後期高齢者医療広域連合が行い、市町村は各種申請等の窓口業務を担当します。

埼玉県後期高齢者医療広域連合が行うこと

 被保険者の認定、保険証の交付、保険料の決定、医療の給付など制度の運営を行います。

朝霞市が行うこと

 保険証の引渡し、保険料の徴収、申請や届出の受付など窓口業務を行います。

保険証

 被保険者には、埼玉県後期高齢者医療広域連合から保険証が一人に1枚交付されます。医療機関にかかるときは、必ず提示してください。
 窓口では、かかった医療費の一部(1割または3割(現役並みの所得のある方))を負担していただきます。

保険料

 保険料は被保険者一人ひとりに納めていただきます。保険料の納付方法は、年額18万円以上の年金を受け取っている方は、原則として特別徴収(年金から天引き)されます。
 年金額が年額18万円未満の方や介護保険料との合算額が年金額の2分の1を超える方は、普通徴収(納付書または口座振替)により納めていただきます。

※特別徴収の方でも申し出により口座振替へ変更できます。

保険料の減免

 災害や自然災害などの特別な事情により保険料の納付が困難と認められる方は、申請により保険料が減免となる場合があります。

療養の給付等

 病気やけがをしたときの療養の給付のほか、療養費、高額療養費、葬祭費等の支給があります。

一部負担金の減免

 長期入院等による世帯主または生計維持者の収入の著しい減少や火災等の災害などの特別な事情により、一時的に一部負担金の支払いが困難と認められる場合には、申請により一部負担金の減額またはその支払いの免除を受けられる場合があります。

健康診査・人間ドック

 生活習慣病の予防・早期発見、生活習慣の改善のために健康診査(無料)・人間ドック(有料)を実施しています。

※健康診査及び人間ドックの受診については、どちらか一方となります。

人間ドック補助金助成

 実施医療機関以外で人間ドックの受診を希望する場合は、受診後に申請をしていただくことで費用の一部を助成いたします。

後期高齢者医療制度に加入の方

後期高齢者人間ドック補助金交付申請書 [PDFファイル/46KB]

後期高齢者人間ドック問診票 [PDFファイル/70KB]

委任状 及び 記入例 [PDFファイル/46KB]

国民健康保険に加入の方

国民健康保険人間ドック補助金交付申請書 及び 記入例 [PDFファイル/96KB]

国民健康保険人間ドック問診票 [PDFファイル/87KB]

委任状 及び 記入例 [PDFファイル/45KB]

 

 ※申請の際は、被保険者証、問診票、交付申請書、受診券、人間ドックの検診結果、領収証(原本)を持参してください。

 ※受診した方以外の口座に振り込む場合は、委任状が必要です。

 ※検診後の医療行為、再検査、精密検査等にかかる費用は、自己負担となります。

保養施設

 健康の保持増進を図る目的から埼玉県国民健康保険団体連合を通じ、ホテル・旅館(約400施設)と保養施設契約をしています。なお、利用料金の補助につきましては、2,000円(1人につき1年度内1泊が限度)です。

 後期高齢者医療制度に加入の方

後期高齢者保養施設申請書 及び 記入例 [PDFファイル/27KB]

委任状 及び 記入例 [PDFファイル/44KB]

 国民健康保険に加入の方

国民健康保険保養施設申請書 及び 記入例 [PDFファイル/37KB]

委任状 及び 記入例 [PDFファイル/45KB]

 

※保養施設の一覧表は、保険年金課にあります。

 

埼玉県後期高齢者医療広域連合
〒330-0074 
 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-5 埼玉県浦和合同庁舎4階
 電話 048-833-3222

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)