ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

朝霞市学校施設長寿命化基本方針

朝霞市学校施設長寿命化基本方針

背景と目的

朝霞市の小中学校の施設は5割が築40年以上で、経年による老朽化が進んでいます。これらが一斉に改築を迎えることによる財政面への負担と学校施設の老朽化対策が重要な課題となっています。

一方、学校施設に求められる機能も近年多様化しており、今後の課題となっています。

今後はこれらの課題を解決するため、改築周期の延長を視野に、学校施設の長寿命化を図り施設整備のコストを総合的に抑制し、安全・安心で持続的な教育環境を確保していくことを目的に、「朝霞市学校施設長寿命化基本方針」を策定しました。

基本方針の期間

令和3(2021)年度から令和47(2065)年度の45年間です。

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)