ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 健康診断 > 集団健(検)診(30代のヘルスチェック・集団乳がん検診、集団子宮頸がん検診)の申込方法等
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 成人 > 集団健(検)診(30代のヘルスチェック・集団乳がん検診、集団子宮頸がん検診)の申込方法等

本文

集団健(検)診(30代のヘルスチェック・集団乳がん検診、集団子宮頸がん検診)の申込方法等

 市では受診日当日に対象年齢以上で朝霞市に住民登録があり、健(検)診を受ける機会のない方を対象に、30代のヘルスチェック・集団乳がん検診・集団子宮頸がん検診を実施します。受診を希望される方は、以下の注意事項等をよくお読みのうえ、申込受付期間内にお申し込みをしてください。
 ただし、勤務先等で健(検)診を受ける機会のある方は受診できません(勤務先等の健(検)診を受診してください)。

集団健(検)診(30代のヘルスチェック・集団乳がん検診・集団子宮頸がん検診)の申込方法等

新型コロナウイルス感染状況等により健(検)診を中止や変更する場合があります。最新情報については市ホームページをご確認ください。

・定員を減らし感染対策をとって実施します。

・感染対策を講じての実施となるため、健(検)診時間が長くなる場合があります。

・当日、お子様を連れての来所はできませんのでご了承ください。

●次の方は、個別がん検診もご検討ください。

・重症化リスクの高い高齢の方

・基礎疾患のある方

新型コロナウイルス対策における健(検)診の受診について

  感染拡大防止のため下記の点につき、ご理解とご協力をお願いいたします。 

  • 受診者は、マスクをお持ちいただき、健(検)診会場では着用をお願いいたします。
次の方は、健(検)診の受診を見合わせ、症状がある方は体調が回復してから受診してください。
  • いわゆる風邪症状が持続している方
  • 発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害などの症状のある方
  • 過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とする。)のあった方
  • 2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)
  • 2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方
  • 新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方

健(検)診科目

 30代のヘルスチェック・集団乳がん検診・集団子宮頸がん検診

乳がん検診と新型コロナワクチン接種との間隔について

新型コロナワクチン接種後に乳がん検診の受診を希望される方は、下記の内容を踏まえて受診についてご検討ください。

新型コロナワクチン接種後に、接種した側の脇の下や首などのリンパ節が腫れることがあります。厚生労働省が実施した健康状況調査においても、例えばファイザー社のワクチン接種後に腋窩リンパ節腫大を含む反応性リンパ節腫脹が2%程度報告されています。なお、ワクチン接種後のリンパ節の腫れ自体は、免疫が反応しているためであり、時間の経過とともに自然に治るものです。

ワクチンによるリンパ節の腫れは、一時的なものですので、乳がんによって起こりうるリンパ節の腫れとは異なるものです。乳がん検診は、ワクチン接種前に受けるか、ワクチン接種後に受ける場合は、リンパ節が腫れている原因について誤った判定がなされないよう、いつ、どちらの腕にワクチン接種を受けたか、検診医に伝えると良いでしょう。

なお、日本乳癌検診学会は、「検診としてのマンモグラフィや乳房超音波検査はワクチン接種前に施行するか、2回目のワクチン接種後少なくとも6~10週間の間隔をおいてから施行することが望ましい」としています。また、米国のブレスト・イメージング学会は、可能であれば乳がん検診は、1回目接種の前か、2回目接種から4~6週間の間隔をあけることを考慮することを推奨しています。

【 出 典 】 厚生労働省 新型コロナワクチンについて 新型コロナワクチンQ&A

各健(検)診実施日・定員・申込受付期間

集団健(検)診日程表
健(検)診
科目
11 12 (令和4年)1
16 17 18 14 15 16
定員 時間帯\曜日 金曜日 土曜日 日曜日 土曜日 月曜日 土曜日 日曜日 金曜日 土曜日 日曜日
30代の
ヘルス
チェック
80人
/日
午前のみ
集団
乳がん検診
140人
/日
午前
午後
集団
子宮頸がん
検診
140人
/日
午前
午後
申込受付期間
※郵送の場合は必着
6月1日(火曜日)
~8日(火曜日)
9月6日(月曜日)
~13日(月曜日)
10月8日(金曜日)
~15日(金曜日)
11月12日(金曜日)
~19日(金曜日)

 

受付時間     ※混雑を避けるため、受付時間を区切ってご案内します(時間の指定はできません)。 

 30代のヘルスチェック(午前のみ実施)

  午前8時30分~

 集団乳がん検診・集団子宮頸がん検診

  午前:8時30分~  午後:1時~

健(検)診会場

 朝霞市保健センター (朝霞市本町1-7-3)

対象者

・30代のヘルスチェック:受診日当日に朝霞市に住民登録がある30歳から39歳の男性・女性

・集団乳がん検診:受診日当日に朝霞市に住民登録がある30歳以上の女性

・集団子宮頸がん検診:受診日当日に朝霞市に住民登録がある20歳以上の女性

※年齢は受診日当日の年齢です。

※勤務先等で健(検)診を受ける機会のある方は受診できません(勤務先等の健(検)診を受診してください)。

費用

・30代のヘルスチェック:無料(全額公費負担)

・集団乳がん検診:30歳から39歳、50歳以上の方は500円
         40歳から49歳の方は700円

・集団子宮頸がん検診:400円

健(検)診内容

・30代のヘルスチェック

 問診/身体計測/血圧測定/血液検査/尿検査/内科診察

・集団乳がん検診

 問診/マンモグラフィ(乳房エックス線検査)

※40代の方は2方向撮影、それ以外の年齢の方は1方向撮影となります。
 年齢によるマンモグラフィの撮影方向の区別は、国の指針で定められていますので、希望による変更はできません。

・集団子宮頸がん検診

 問診/視診/内診/頸部細胞診

注意事項等

30代のヘルスチェックをお申し込みされる方へ

・検査結果に影響が出ますので、前日のアルコール、当日の食事は摂らないでください。
  ただし、少量の水は飲んでも差し支えありません。

※薬を飲んでいる方は、健診日の服用について、事前に主治医にご相談してください。

※自覚症状がある方は、健診を待たずに医療機関を受診してください。

集団乳がん検診をお申し込みされる方へ

※次の方は受診できません

  • 現在、乳がんや乳房の疾患で治療中または医療機関で経過観察中の方
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方
  • 授乳中または授乳終了後6か月未満の方
  • 豊胸手術をされている方
  • しこり等の自覚症状がある方
  • ペースメーカーを装着している方
  • V-Pシャント(水頭症)手術を受けた方
  • 今年度、朝霞市の乳がん検診を受診された方

※上記以外の場合でも、当日の体調や問診結果により受診できない場合があります。

※過去に乳がんの手術を受けた方は、事前に主治医にご相談してください。

※自覚症状がある方は、検診を待たずに医療機関を受診してください。

集団子宮頸がん検診をお申し込みされる方へ

※次の方は受診できません

  • 現在、子宮がんで治療中または医療機関で経過観察中の方
  • 生理中の方 (出血がある場合、検体に血液が混ざると検診結果が不正確になる可能性があるため、問診により当日、検診をお控えいただく場合があります。)
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方  
  • 治療等により子宮をすべて摘出されている方
  • 今年度、朝霞市の子宮頸がん検診を受診された方

※上記以外の場合でも、当日の体調や問診結果により受診できない場合があります。

※過去に子宮の手術を受けた方は、問診の段階で受診できない場合がありますので、事前に主治医にご相談してください。

※自覚症状がある方は、検診を待たずに医療機関を受診してください。

その他

※公費補助を受けてのがん検診は、年度毎に1回に限られます。受診日当日に朝霞市に住民登録がない方、実施期間中に、同一種類のがん検診を2回以上受診(重複受診)されたことが判明した場合は、公費補助の対象外となり、全額自己負担になりますのでご注意ください。協定医療機関で実施する個別検診と保健センター等で実施する集団検診を組み合わせて受診することは可能ですが、個別検診と集団検診で同一種類のがん検診を受診することはできません

※健(検)診後の医療行為、再検査、精密検査等にかかる費用は全額自己負担(保険適用)になります。

※30代のヘルスチェック、集団乳がん検診、集団子宮頸がん検診は同日受診が可能です。

※1日の定員が決まっていますので、申込多数の場合は抽選により受診者を決定し、受診日の1週間前までに問診票を郵送します。なお、抽選に外れた場合は、通知を郵送します。受診日の1週間前になっても、問診票や通知が届かない場合は、健康づくり課までご連絡ください。

※健(検)診結果は、受診日から約1か月を目安に郵送します。

申込方法

 感染拡大防止のため、できる限り1、2の方法でお申し込みをしてください。 (※電話では受け付けていません)。

1.メールフォーム     ※申込受付期間以外はこの機能は使用できません。

 下記をクリックし、必要事項を入力・選択してお申し込みをしてください。

集団がん検診のみお申し込みの方(各検診申込受付期間以外はご利用になれません。)

集団がん検診と30代のヘルスチェックの同日受診のお申し込みの方(各健診申込受付期間以外はご利用になれません。)

30代のヘルスチェックのみお申し込みの方(各健診申込受付期間以外はご利用になれません。)

※お使いの機種によっては、必要事項の入力・選択ができない場合があります。お手数ですが、はがきまたは窓口でお申し込みをしてください。

2.はがき     ※申込受付期間内に到着したもののみ受付します。

 はがきに(1)~(7)の必要事項を必ず記入の上、宛先までお申し込みをしてください。はがきは1人1通

(1)希望する健(検)診科目

(2)希望日及び希望時間帯(第2希望まで) 

 時間帯は「午前」・「午後」・「両方可」のいずれかを記入してください。

   (例:第1希望 10月3日午前、第2希望 10月5日両方可) ※時間の指定はできません

(3)住所

(4)氏名(フリガナ)

(5)年齢

(6)生年月日

(7)電話番号

 宛先/〒351-0011 朝霞市本町1-7-3  朝霞市保健センター内 健康づくり課 集団健(検)診申込担当 宛

3.窓口(健康づくり課) 

 窓口にある申込用紙に、必要事項を記入の上、窓口(健康づくり課)でお申し込みをしてください。

 保健センター:(開所時間:平日 午前8時30分~午後5時15分)