ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ごみ・リサイクル > ごみの分別 > プラスチック資源の正しい分別にご協力ください

本文

プラスチック資源の正しい分別にご協力ください

ごみ集積所から回収したプラスチック資源は、金属や他の資源などを取り除いて次の処理施設へ送るために、クリーンセンター内で選別作業をしています。

この作業は、写真のようにすべて手作業で行っています。プラスチックを資源として再利用できるようにするため、また、作業の安全を確保するため、プラスチック資源を正しく分別するようにご協力をお願いします。

手選別状況

このような物は、プラスチック資源では出せません!

汚れているプラスチックはダメ!

必ず汚れを落としてから出してください。汚れが取れない場合は、「燃やすごみ」で出してください。

汚れているもの

金属が入っているものはダメ!

金属が入っている場合は、「燃やせないごみ」で出してください。また小型家電は、電池がなければ「燃やせないごみ」、電池があれば「有害ごみ」で出してください。

金属を含む例

注射器などの医療器具はダメ!

注射器などの医療器具は、市では回収できません。医療機関へご相談ください。なお、自宅点滴パックは「燃やすごみ」で出してください。

医療器具の例

刃物類はダメ!

刃物、かみそりなどは、紙に包んで「キケン」と表示し、「燃やせないごみ」で出してください。

刃物類の例

電池はダメ!

電池、充電して使う機器などは、「有害ごみ」で出してください。詳しくは、有害ごみ・充電して使うものの出し方をご覧ください。

ライターはダメ!

ライターは、中身を使い切ってから「燃やせないごみ」で出してください。

電池の例

スプレー缶はダメ!

スプレー缶は、中身を使い切ってから「燃やせないごみ」で出してください。危険ですから、缶に穴を開けないでください。

スプレー缶の例

商店・事業所から出るプラスチックはダメ!

市内にお住まいの方が、ご自身の生活で出たごみ以外は、すべて事業系ごみになります。事業系ごみは集積所に一切出せません。詳しくは、商店・事業所から出る資源とごみの分け方・出し方をご覧ください。

※事業系ごみを集積所に出すと、法人の場合、3億円以下の罰金が科されることがあります。

事業系の例