ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 朝霞市の魅力 > 歴史・文化 > 市内の指定文化財 > 朝霞市教育委員会 > 市指定有形文化財 木造 十一面観音菩薩立像・木造 女神坐像
トップページ > 分類でさがす > 朝霞市の魅力 > 歴史・文化 > 朝霞市の風土・歴史 > 朝霞市教育委員会 > 市指定有形文化財 木造 十一面観音菩薩立像・木造 女神坐像

本文

市指定有形文化財 木造 十一面観音菩薩立像・木造 女神坐像

市指定有形文化財 木造 十一面観音菩薩立像・木造 女神坐像

 平成27年8月20日、朝霞市指定有形文化財として、朝霞市岡2丁目に所在する松光山東圓寺に安置されている『木造 十一面観音菩薩立像(もくぞう じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)』と『木造 女神坐像(もくぞう にょしんざぞう)』を、指定しました。
 

木造 十一面観音菩薩立像木造 十一面観音菩薩立像正面アップ

 『木造 十一面観音菩薩立像』  

 

 木造女神坐像木造女神坐像正面アップ

   『木造女神坐像』

 

木造女神坐像 底面

 像底膝裏 墨書銘

※東圓寺での一般公開はしておりません。
※通年ではありませんが、朝霞市博物館の「朝霞の美術・工芸」コーナーで、複製を展示しています。
※お問合せは、朝霞市教育委員会文化財課 電話:048-463-2927(文化財保護係)までお願いします。

 朝霞市指定文化財一覧へ