ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 朝霞市の魅力 > 観光スポット > 観光施設・ミュージアム > 朝霞市教育委員会 > 令和2年度 博物館学芸員実習生の受け入れ(申込方法)
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 文化財 > 朝霞市教育委員会 > 令和2年度 博物館学芸員実習生の受け入れ(申込方法)

本文

令和2年度 博物館学芸員実習生の受け入れ(申込方法)

朝霞市博物館学芸員実習受入実施要項 

  令和2年度の博物館学芸員実習生の受け入れについて、以下の通り実施します。

  朝霞市博物館学芸員実習受入実施要項 [PDFファイル/119KB]をご一読いただき、

  必要書類を作成の上、申込期間内に提出してください。

本年度の実習期間

     令和2年8月18日(火曜日)~8月25日(火曜日) 実施日数6~7日

申込方法 

   (1)必要書類

      ・朝霞市博物館実習申込書
       (書式はここからダウンロードしてください。 [PDFファイル/105KB]

      ・学長または学部長からの推薦書または依頼書(書式自由)

      ・志望理由書(書式自由 1000字以内)
                    学芸員資格取得と当館を実習希望先とする理由をお書きください。

      ・全科目の単位修得証明書(または修得状況が分かる文書、成績は不要)

   (2)提出方法

      ・実習希望者本人が来館の上、博物館事務室窓口までご提出ください。

      ・来館される際は、日時について事前に博物館実習担当職員との調整をお願いします。

   (3)提出期間

      ・令和2年4月9日(木曜日)から4月28日(火曜日)まで
         ※開館時間内(午前9時から午後5時まで)に提出してください。

   (4)受入可否(選考結果)の通知

      ・受付期間終了後、20日以内に大学宛に文書で通知します。

選考基準についての注意事項

   (1)朝霞市博物館学芸員実習受入実施要項第3条第1項(1)の「朝霞市博物館の
      所蔵資料や学芸員の専門分野に沿う分野」は以下のとおりとします。
        
      ・考古学
      ・歴史学
      ・民俗学


    (2)朝霞市博物館学芸員実習受入実施要項第3条第2項の、館長が定める「前項に
      定めるもののほか必要な項目」は以下のとおり とします。

      ・志望理由書の内容
      ・最終学年を優先

その他注意事項    

   ・1大学につき原則2名までとします。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)