ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市たばこ税

 市たばこ税は、たばこの消費に対してかかる税金で、たばこの小売代金に含まれています。
 売り渡した「たばこ」の本数1,000本につき5,692円です。 
 納税は、たばこの卸売販売業者等が申告納付しますが、実際に税を負担しているのは、たばこの購入者となります。 
 たばこ1箱(20本入り、480円)につき、約113円の市税が含まれていますので、朝霞市内でたばこが購入された場合に、朝霞市の収入になります。
 

【市たばこ税の納税額(朝霞市)】

 

納税額

平成27年度

851,344,266円

平成28年度

843,829,444円

平成29年度

800,358,554円

平成30年度

804,074,225円

平成30年10月1日から税率が変更されました

税率
(円/1,000本)
平成30年9月30日まで 平成30年10月1日から 令和元年10月1日から 令和2年10月1日から 令和3年10月1日から

市たばこ税
(紙巻たばこ三級品以外)

5,262円 5,692円 5,692円 6,122円 6,552円

市たばこ税
(紙巻たばこ三級品)

4,000円

4,000円

5,692円
※特例税率廃止による

6,122円

6,552円

 ◎紙巻たばこ三級品: わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、うるま、バイオレット

加熱式たばこの課税方式について

加熱式たばこに係る課税方式が見直され、紙巻たばこの本数への換算方法が変更されました。

詳しくは、国税庁ホームページ(https://www.nta.go.jp/information/other/data/h29/tabacco/03.htm)をご参照ください。