ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 納税義務者がお亡くなりになった場合

本文

納税義務者がお亡くなりになった場合

相続登記(名義変更)をする場合

 土地・家屋の相続登記をする場合、手続きは法務局(朝霞市の管轄:さいたま地方法務局志木出張所)となります。
 12月末日までに相続登記が完了すれば、翌年度分の固定資産税の納税通知書等は、登記の内容に基づいて送付されます。
 12月末日までに完了しないとき(※1・※2)は、納税通知書等を受領する代表者を指定していただくため、相続人代表者指定届の提出をお願いいたします。

 ※1 相続人代表者の指定は、被相続人に代わって固定資産税の納税通知書等を受けとる方を決めていただくものであり、相続登記や相続税の申告とは関係ありません。

 ※2 市外在住の納税義務者が亡くなられた場合には、お手数ですが、「相続人代表者指定届」をダウンロード・印刷していただき、必要事項を記入の上、郵送(朝霞市役所課税課宛)もしくは直接窓口にお持ちいただきますようお願いいたします。また、ご連絡をいただければ、「相続人代表者指定届」を送付させていただきます。

相続登記

 相続登記については、さいたま地方法務局のホームページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)