ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 税金 > 法人市民税 > 法人市民税の申告・納付期限延長について

本文

法人市民税の申告・納付期限延長について

新型コロナウイルス感染症の影響により法人市民税の申告・納付期限延長について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、通常の業務体制を維持できない場合や、決算事務が間に合わないなど、やむを得ない理由で期限内に法人市民税の申告や納付を行うことができない場合は、次の手続を行うことで、申告期限及び納付期限を延長することができます。 

申告・納付期限延長の対象となる事由

  1. 法人の役員や従業員が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合
  2. 体調不良や感染拡大防止のため、外出を控えている方がいる場合
  3. 感染拡大防止のため、企業の勧奨により在宅勤務等をしている方がいる場合
  4. その他、新型コロナウイルス感染症の影響により申告や納付が困難な場合 

申請方法

法人市民税の申告の際に、申告書に次の事項を記載し、書類を添付することで延長の申請とします。

書面で申告書を提出する場合

申告書の上部余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

電子申告(eLTAX)で申告書を提出する場合

申告書の所在地欄に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

提出書類

次のいずれか1点をご提出ください。

  1. 税務署に提出した法人税の申告書の写し(新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請の記載がされているもの)
  2. 税務署に提出した「災害による申告、納付等の期限延長申請書」の写し

申告・納付期限

上記理由により、期限内に申告及び納付ができない法人については、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2か月以内の日を指定して申告・納付期限が延長されます。つきましては、法人市民税の申告書を作成・提出することが可能となった時点で申告をしてください。 

この場合、申告期限及び納付期限については、原則として申告書等の提出日となります。

国税庁ホームページ(参考) 

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。法人税及び地方法人税並びに法人の消費税の申告・納付期限と源泉所得税の納付期限の個別指定による期限延長手続に関するFAQ(PDF/846KB)(PDF:822KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)