ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

精神障害者保健福祉手帳

 精神障害者保健福祉手帳とは、一定の精神障害のある方が、各種の援護を受けるために必要となるものです。精神障害のため長期にわたり、日常生活への制限のある方を対象とし、1級~3級に区分されます。(有効期間は約2年間、更新可能

個人番号制度について

申請書には個人番号の記入が必要となります。
申請の際に個人番号の確認及び身元確認が必要となります。なお、本人が申請する場合と代理人が申請する場合でお持ちいただく書類等が異なりますのでご注意ください。
詳しくは「障害福祉課における個人番号(マイナンバー)が必要な申請について」をご覧ください。

(1)新規交付申請

 次の書類を添えて申請してください。

  • 診断書 (所定の診断書)あるいは障害年金証書と年金払込み通知ハガキ
    ※診断書の用紙は障害福祉課でお渡ししています。
  • 申請書
    ※申請書の用紙は障害福祉課でお渡ししています。
  • 印鑑
    ※手帳交付時には写真(タテ4cmヨコ3cm)が必要となります。
    ※なお、手帳が新規交付された場合は、一定額の範囲内で診断書料を補助いたします。
  • 個人番号の確認及び身元確認ができる書類

(2)内容変更手続き

 手帳交付後に次の事項が生じたときは、「個人番号の確認及び身元確認ができる書類」をお持ちいただき、必ず手続きをしてください。

住所・氏名

手続きの際にご用意いただくもの

  印鑑、手帳、

紛失・破損

手続きの際にご用意いただくもの

  印鑑、(破損した手帳)、写真

障害程度

手続きの際にご用意いただくもの

  印鑑、写真、診断書

(3)手帳の返還

 手帳交付後に次の事項が生じたときは、「個人番号の確認及び身元確認ができる書類」をお持ちいただき、手帳の返還手続きをしてください。

障害を有しなくなったとき

手続きの際にご用意いただくもの

 印鑑、手帳

本人が死亡したとき

手続きの際にご用意いただくもの

 印鑑、手帳、相続人の通帳