ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

補装具の交付・修理

 身体障害者手帳の交付を受けている方に対し日常生活の不自由さを補って、日常生活を容易にするために補装具の交付と修理を行います。

対象者

 身体障害者手帳の交付を受けた方

 児童(18歳未満)の場合は、原則として指定医療機関の意見書が必要です。
 大人(18歳以上)の場合は、初めて補装具の交付を受ける際、原則として身体障害者厚生相談所(埼玉県総合リハビリテーションセンター)の適合判定が必要です。

 ※申請 補装具の交付及び修理を希望する場合は、あらかじめご連絡のうえ、申請してください。

 ※費用 補装具の交付・修理は、原則1割負担となります。(負担上限月額あり)

区分補装具
視覚障害者盲人用安全杖・義眼・眼鏡(色めがね除く)
聴覚障害者補聴器
肢体不自由者義手・義足・装具・車いす・歩行補助杖(一本杖除く)等
重度の両上下肢及び音声・言語機能障害重度障害者用意思伝達装置

 ※上記のうち、盲人用安全杖・義眼・眼鏡(色めがねを除く)・歩行補助杖については、申請により交付を行うことができますが、他の補装具については、原則として埼玉県厚生相談所(埼玉県総合リハビリテーションセンター)で医師の診断(判定)を受ける必要があります。

※身体障害者制度以外の活用

  • 介護保険の認定をされている方は、介護保険制度での利用が優先になります。
  • 労働災害補償保険法など、他の法律で支給を受けられるとき及び入院中は原則として、上記交付は行われません。
  • 治療として医師が診断した補装具は、健康保険での取扱いになります。

申請に必要なもの

●補装具業者から発行された見積書

●個人番号(マイナンバー)や身元確認ができる書類

(詳しくは、「障害者福祉課における個人番号(マイナンバー)が必要な申請について」をご覧ください。)

●その他(申請する装具によって異なりますので、窓口でご相談ください。)