ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市で処理できないごみ

処理困難ゴミ

消火器、バッテリー(自動車・バイク用)、プロパンガス、農薬等薬品類、廃油、塗料、医療系廃棄物、建築廃材、タイル・コンクリート・ブロック・レンガ、土砂・石材、畳・壁紙・洗面台・浴槽、物置(100cm×90cm×90cm以上のもの)、トタン・波板、自動車部品、タイヤ、バイク、原動機付自転車、ピアノ、耐火金庫、介護用電動ベッド、台車 など

・市で処理できないごみを処理する場合は、購入店に引き取ってもらうか、専門業者に処理を依頼してください。
・市で処理できないごみは他にもあります。詳しくは、ごみ分別辞典をご覧ください。

家電リサイクル法対象品目

家電リサイクル法で決められた対象機器の「エアコン」「テレビ(ブラウン管式、液晶、プラズマ式)」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」については、メーカー等が回収し再資源化します。市では回収できません。クリーンセンターへの持ち込みもできません。

処分方法については、「家電リサイクル法対象品目の処分方法」をご確認ください。