ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ふるさと朝霞の歴史~武蔵武士と板碑

武蔵武士と板碑

 9世紀から10世紀にかけて、東国では荘園や牧場を管理していた人々などが武装集団を編成し、自らは棟梁と呼ばれ、その集団を統率しました。武士団の誕生です。
 武士たちは、源平の戦いを通じて勢力を伸ばし、やがて鎌倉幕府の御家人として、領地を支配します。そして自分の領地を守るため、「一所懸命」に働きました。そして、その証として、仏像をつくり、板碑をたてました。
 市内で活躍していた武士はまだ確認されていませんが、根岸台の台雲寺に鎌倉時代に造られた鉄仏が伝えられています。また、鎌倉~室町時代に建立された板碑が約800基も残されており、この時代の人々の信仰や生活の様子を今に伝えています。

鉄仏(台雲寺に残る鉄造阿弥陀如来立像)
鉄仏(台雲寺に残る鉄造阿弥陀如来立像)

板碑(根岸台に残る板碑)
板碑(根岸台に残る板碑)

 やがて、鎌倉幕府が滅び、室町幕府が開かれると、全国に戦いが広がりました。そして、各地に戦いのための城や館が築かれました。黒目川に臨む台地上にある岡の城山には、太田道灌の城があったとの伝承があり、今でも空堀や土塁がよく残されています。 また、この頃、膝折には、交通の要所として市が立ちました。

岡の城山(黒目川に臨む岡の城山)
岡の城山(黒目川に臨む岡の城山)