ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

保育料軽減制度

 兄弟姉妹がいる場合や年収360万円未満相当の多子世帯またはひとり親世帯等(母子・父子世帯および障害児(者)のいる世帯)の場合、利用者負担額(以下、保育料)が軽減されることがあります。

 保育料軽減の対象となるかは保育料軽減制度の早見表(3歳児未満クラス) [PDFファイル/74KB]をご覧ください。

 また、保育料軽減制度の詳細は以下の内容をご確認ください。

きょうだい児軽減(多子軽減)

対象世帯

 0歳から小学校就学前までの範囲において、以下の対象施設を利用している児童が2人以上いる世帯

軽減内容

 ○ 2人目の児童の保育料が2分の1(100円未満切り捨て)

 ○ 3人目以降の児童の保育料が無料

対象施設及び手続き方法

 
児童の兄姉が利用している施設 手続き方法
  • 新制度に移行していない幼稚園(市内幼稚園はすべて該当)
  • 企業主導型保育施設
  • 児童発達支援 等(※1)
幼稚園等在籍申告書 [PDFファイル/111KB]を保育課保育係までご提出ください。(郵送可)(※2、3)
  • 認可保育園
  • 認定こども園
  • 地域型保育施設(小規模保育施設など)
  • 新制度に移行した幼稚園
市で兄姉の在籍状況が確認できるため手続き不要です。保育料は軽減後の金額で決定されていますので、ご確認ください。

※1 児童心理治療施設、特別支援学校幼稚部、医療型児童発達支援、居宅訪問型児童発達施設が
   対象となります。
※2 「幼稚園等在籍申告書」は年度ごとに提出が必要となります。年度が切り替わりましたら、その年
   の4月末までにご提出ください。なお、年度途中で兄姉が退園した場合は保育課保育係までご連
   絡ください。
※3 児童入所後に兄姉が施設に入所した場合、兄姉の施設入所日からおおむね1か月以内にご提出
   ください。

朝霞市多子世帯保育料軽減事業

対象世帯

3人以上の子どもが同居している世帯。ただし、上の子が既に独立をしている(別生計である)場合は対象外となります。

軽減内容

0~2歳児の第3子以降の子どもが上の子の年齢を問わず保育料が半額(100円未満切り捨て)

手続き方法

 保育園等の申請書類から世帯の状況が確認できるため手続きは不要です。ただし、生計を一にしているが既に転居している上の子がいる場合、確認できないことがありますので保育課保育係までご連絡ください。

年収360万円未満相当の多子世帯またはひとり親世帯等の保育料軽減

対象世帯および軽減内容の

 年収360万円未満相当の世帯で、多子世帯またはひとり親世帯等(父子・母子世帯及び障害児(者)のいる世帯)の場合は、きょうだいの年齢に関わらず、保育料が軽減されます。

 
対象世帯

年収360万円未満相当世帯の
市町村民所得割額

軽減内容
多子世帯 57,700円未満の世帯
≪市の階層区分におけるC1階層~C7階層の一部≫
第2子は半額
第3子以降は無料
※兄・姉の年齢上限なし
ひとり親世帯等 77,700円未満の世帯
≪市の階層区分におけるC1階層~C8階層の一部≫
第1子は半額
第2子以降は無料
※兄・姉の年齢上限なし

手続き方法

 
多子世帯

保育園等の申請書類から世帯の状況が確認できるため手続きは不要

ただし、生計を一にしているが既に転居している上の子がいる場合、世帯の状況が確認できないことがありますので保育課保育係までご連絡ください。

ひとり親世帯等
  1. 母子・父子世帯
  2. 障害者手帳をお持ちの方がいる世帯
  3. 特別児童扶養手当の支給対象児童がいる世帯
  4. 障害基礎年金等の受給者がいる世帯

1、2に該当する方については保育園等の申請書類から世帯の状況が確認できるため手続きは不要。

3、4に該当する場合は確認ができない場合がありますので保育課保育係までご連絡ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)