ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 財政 > 財政状況等 > 財政調整基金等の状況

本文

財政調整基金等の状況

 基金とは、財政運営を計画的に行うため、あるいは特定の目的のために、資金を維持し、または積立てるもので、家計における預貯金に相当するものです。朝霞市では、5つの基金を設けています。

・財政調整基金

 年度間の財源調整を図り、健全な財政運営に役立てることを目的として設置しており、本市では、大規模災害の発生による予期せぬ支出、年々増加する社会保障関連経費(※)や緊急性の高い公共施設の老朽化対策経費の増大などに備えて、決算状況等により可能な範囲で積立を行っています。

 (※)社会保障関連経費とは、住民福祉を支えるために支出する経費などを言います。

・基地跡地整備基金

 市の中心部に残る貴重な空間資源である基地跡地整備のため設置しています。

・みどりのまちづくり基金

 市内の貴重な緑地の保全及び緑化の推進に必要な土地の取得、良好な景観の形成などの支援等に要する財源に充てるため設置しています。

・土地開発基金

 公共の用に供するために取得する必要のある土地をあらかじめ取得することにより、事業の円滑な執行を図ることを目的として、設置しています。

・福祉資金貸付基金

 医療費や葬祭費その他の臨時的に出費により、一時的に生活が困窮する世帯に対して、資金の貸付を行うために設置しています。

 基金の現在高状況調(平成30年度 補正3号) [PDFファイル/58KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)