ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

自主防災組織をつくりましょう

 もし、私たちのまちに大地震が発生したら、電話は不通になり、道路は壊れ、都市機能は寸断されます。さらに同時にたくさんの火災が発生し、防災関係機関は十分な役割が果たせなくなることが考えられます。このようなとき、個人がばらばらに行動するより、地域ぐるみで防災活動にあたり、自分たちのまちを守ることが不可欠です。
 このため、自治会や町内会単位で自主防災組織をつくり、いざというときの役割や活動内容を決めておき、日ごろから訓練などをするとともに活発なコミュニケーションを図っていくことが必要です。