ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

地域生活支援事業

 市では以下のような事業を行っています。

相談支援事業

 障害のある方等の相談に応じ、自立した日常生活または社会生活を営めるよう援助します。事業は、はあとぴあ(総合福祉センター)で実施しています。

コミュニケーション支援事業

 手話通訳者の派遣を朝霞市社会福祉協議会、要約筆記奉仕員の派遣を埼玉聴覚障害者情報センターに委託しています。

日常生活用具の給付等

 障害のある方が日常生活を円滑に過ごすために必要な器具の購入を公費で助成する制度です。

移動支援事業

 屋外での移動が困難な障害のある方等について、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出の際に支援を行っています。利用者負担は原則1割です。(負担上限月額あり)

地域活動支援センター

 地域活動支援センターとは、障害のある方等が通い、地域の実情に応じて創作活動や生産活動の機会を提供するなど、障害のある方等の地域生活支援の促進を図ることを目的とした施設です。市では、事業を行う施設として、「れすと」「つばさ工房」「ぱれっと」「オリーブ」の4か所を指定しました。