ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高次脳機能障害への理解促進

高次脳機能障害について

<高次脳機能障害とは>

高次脳機能障害とは、交通事故などによる頭部外傷や脳血管疾患などの病気で脳に損傷を受けた後遺症として、記憶力や注意力の低下などの症状が現れ、日常生活や社会生活において支障をきたす障害です。症状が外見からは分かりにくく、また本人に自覚がないことも多いため、「見えない障害」とも言われています。そのため、障害のある人の周囲の方にもこの障害に対する理解が必要です。

主な原因

・事故:交通事故、転落、転倒等

・疾病:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳炎、低酸素脳症等

主な症状

・記憶障害:過去の出来事が思い出せない、新たな体験を記憶できない等

・注意障害:集中力が持続できない、同時に二つの事ができない、簡単なミスが多い等

・遂行機能障害:計画的に仕事や物事を処理できない、物事の優先順位がつけられない等

・社会的行動障害:感情のコントロールができない、意欲の減退、融通がきかない等

※損傷を受けた脳の部位などにより、障害の程度や現れ方は異なります。

高次脳機能障害の症状は、個人によって異なり、時間の経過による変化もあるため、それぞれの対応も異なります。受傷後の変化や対応については、主治医または高次脳機能障害に対応できる医療機関に相談してください。

<高次脳機能障害 ピア・カウンセリング事業について>

埼玉県では、電話相談と地域相談会を実施しています。高次脳機能障害の当事者の方、ご家族、関係者の

方が対象となりますので、お気軽にご利用ください。

■高次脳機能障害ピア・カウンセリング事業 電話相談、地域相談会(埼玉県委託事業)

[http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/koujinou/index.html]

(埼玉県障害者福祉推進課のホームページ上に公開されています。)

 

<関連情報リンク>

■高次脳機能障害者に対する支援

○高次脳機能障害者支援(埼玉県ホームページ)[http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/koujinou/index.html]

○埼玉県立総合リハビリテーションセンター 高次脳機能障害への取組[http://www.pref.saitama.lg.jp/rihasen/annai/kouzinou.html]

○高次脳機能障害情報・支援センター(国立障害者リハビリテーションセンター)

http://www.rehab.go.jp/brain_fukyu/

■高次脳機能障害に対応できる医療機関http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/koujinou/index.html

(埼玉県障害者福祉推進課のホームページ上に公開されています。)

■団体  

○地域で共に生きるナノ[http://nanojp.jimdo.com/

○日本脳外傷友の会[http://npo-jtbia.sakura.ne.jp/