ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

監査委員の役割

 市の事務事業が法令に従って適正に執行されているか、最少の経費で最大の効果を挙げるよう運営されているか、組織及び運営の合理化に努めているかなど、行財政全般について、公正性・合理性・効率性の観点からチェックを行うのが、監査委員の役割です。

監査委員の構成

 監査委員は、人格が高潔で行政運営に関し優れた識見を有する者及び議員のうちから、議会の同意を得て、長が選任します。
 任期は、識見を有する者から選任された委員(識見委員)は4年、市議会議員から選任された委員(議員選出委員)は議員の任期によります。
 定数は、地方自治法第195条の規定により都道府県と人口25万人以上の市は4人、その他の市は2人とされています。

朝霞市監査委員

氏 名 選出区分 任 期
石川 孝之(いしかわ たかゆき) 識見 平成31年  1月17日~令和 5年  1月16日
岡崎 和広(おかざき かずひろ) 議員 平成27年12月29日~令和元年12月17日