ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 届出・登録・証明 > 押印 > 行政手続における押印の廃止状況を公表します

本文

行政手続における押印の廃止状況を公表します

行政手続における押印の廃止状況を公表します

 朝霞市では、令和3年4月から、市民や事業者から提出される申請書などの行政手続の書類における押印について、段階的な廃止に取り組んでいます。
 現段階で廃止予定となっていない書類についても、順次押印廃止に向けた取組を進めていきます。

押印見直しの対象となるもの

令和3年4月1日から押印を廃止するもの

約720件

令和3年10月から押印を廃止するもの(規則等の改正が必要なもの)

約450件

押印見直しの状況については、随時ホームページでお知らせします

 規則等の改正が必要なものについては、令和3年10月に向けた事務手続を進めています。

押印欄を廃止した書式

押印欄を廃止した書式(令和3年4月1日) [PDFファイル/615KB]

※押印欄を廃止した書式のうち、個別の書式については、表右欄の担当課へお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)