ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > 人権 > 「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

本文

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

 同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程で形作られた身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の人々が長い間、経済的、社会的、文化的に低位の状態を強いられ、日常生活の上で様々な差別を受けるなど、わが国固有の重大な人権問題です。

 同和問題の解決を図るため、これまで国や地方公共団体を含めて様々な取組がなされてきましたが、現在もなお、部落差別が存在するとともに、情報化の進展に伴い、インターネット上で差別を助長するような内容の書き込みがなされるなど、部落差別に関する状況の変化も生じています。

 こうした状況を踏まえ、平成28年12月16日に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。この法律は、部落差別は許されないものであるとの認識の下に、差別の解消を推進し、もって部落差別のない社会を実現することを目的としています。

・条文 [PDFファイル/115KB]

・附帯決議(衆議院法務委員会) [PDFファイル/187KB]

・附帯決議(参議院法務委員会) [PDFファイル/37KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)