ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 交通 > 交通安全 > 自転車の運転に気を付けましょう

本文

自転車の運転に気を付けましょう

自転車の運転に気を付けましょう

令和2年中の県内における交通事故死者数は121人でした。
自転車乗用中の交通事故死者数は22人で、そのうち高齢者が14人と6割以上を占めています。

今般のコロナ禍においては、電車やバスでの移動から、自転車やシェアサイクルでの移動に切り替えた方も多いと思いますが、自転車はその名のとおり「車」と同じであり、危険な乗り物です。

重大な事故につながらないよう、きちんと交通ルールを遵守して、安全に自転車を利用しましょう。

「自転車安全利用五則」を守りましょう

埼玉県警察では、自転車に乗車するときに守るべきルールとして、次の5項目を掲げています。

交通事故を起こさないように、「自転車安全利用五則」を守り、安全運転を心掛けましょう。

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

2 車道は左側を通行

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4 安全ルールを守る

  • 飲酒運転、2人乗り、並進の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守と一時停止、安全確認

5 子どもはヘルメットを着用
   保護者の皆さんは、13歳未満の子どものヘルメット着用に努めてください。