ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ライフインデックス > 高齢者・介護 > > 認知症の方が損害を負わせてしまった時の個人賠償責任保険
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 保険・年金 > 介護保険 > > 認知症の方が損害を負わせてしまった時の個人賠償責任保険
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 高齢者 > > 認知症の方が損害を負わせてしまった時の個人賠償責任保険

本文

認知症の方が損害を負わせてしまった時の個人賠償責任保険

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 記事ID:0140601 更新日:2023年4月28日更新

認知症を患っている方は、本人のケガや事故等の危険性だけでなく、他者のものを壊してしまう若しくは、ケガをさせてしまう可能性も考えられます。

認知症を患っている方が被害にあわないことも大切ですが、加害者になった場合についても考えることが重要です。

そのひとつの対策として、個人賠償責任保険についてお知らせします。

 

【個人賠償責任保険とは】

本人もしくは家族のだれかが第三者に損害を与えた際にその賠償金を保証してくれる保険です。

認知症の方の場合、家族(介護者)が監督義務者となり、本人の賠償責任を負う可能性も考えられます。

この保険は、以下の保険に特約として付帯できる場合があります。

すでに加入されている保険がある方は、保険証券や保険内容をご確認ください。

□自動車保険 □火災保険 □傷害保険 □共済など

※新たに加入を検討する場合は、要件や保障の対象になるケースなどを確認し、ご家族にあった保険を選択することが大切です。