ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 市民参画に係わる市民座談会

本文

市民参画に係わる市民座談会

市民参画に係わる市民座談会とは

 市では、どのようにすれば市民の皆さんが気軽に楽しく市政に参加できるかを市民の皆さんと話し合うため、平成23年度に「市民参画に係わる市民座談会」(以下、市民座談会)を立ち上げました。市民参画イメージ
 平成23年度は、市民座談会の皆さんが企画・運営し、消費者庁長官(当時)の福嶋浩彦氏をお招きして「私もあなたも楽しくまちづくりを!!~市民参画を語る~」と題した講演会を開催しました。講演会のようす [その他のファイル/181KB]
 平成24年度は、毎月第2木曜日に市役所や市内の公共施設で「市民参画」をテーマに、グループに分かれて話をしました。
 平成25年度は、「第5次総合振興計画への市民参画の手法を考える」をテーマに活動してきました。
 平成26年度は、第35回の会議を最後に、市民座談会は休止し、市民ワークショップの立ち上げを予定しております。
 市民ワークショップの詳細につきましては、後日お知らせします。ご年齢、性別、職業等は問いません。ご友人同士での参加、お子さんとご一緒の参加、当日の飛び入り参加も自由ですので、ふるってご参加ください!

「市民参画」とは?
 市の基本的な計画づくりなどにおいて、行政と一緒により充実したものに仕上ていく ために、意見を述べたり、提案したりして、市民の皆さんが自主的に参加することです。

「総合振興計画」とは?
 市の最上位計画であり、朝霞市の将来ビジョンの実現に向けた、市民と行政の共通の目標となるものです。第4次総合振興計画基本構想が平成27年度に終了することから、これから3年間かけて第5次の計画を策定していきます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)