ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 公共施設一覧 > ごみ処理施設 > 循環型社会形成推進地域計画を策定しました
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ごみ・リサイクル > ごみ焼却施設建設事業 > 循環型社会形成推進地域計画を策定しました

本文

循環型社会形成推進地域計画を策定しました

 朝霞市と和光市でごみ処理広域化(ごみ処理を両市共同で行うこと)を進めるにあたり、環境省の交付金を活用する方向で検討しています。

 「循環型社会形成推進地域計画」は、平成17年度に創設された環境省の「循環型社会形成推進交付金制度」により交付金を受けるために必要となる計画で、朝霞市、和光市と、事業主体である朝霞和光資源循環組合の3者で策定したものです。

 第5次一般廃棄物処理基本計画(平成31年3月見直し)や、ごみ処理広域化基本構想などの内容をもとに記述しており、令和3年4月1日から令和10年3月31日までを計画期間としています。

 この計画に基づき、交付金制度を活用して、新たなごみ処理施設を整備していきます。

循環型社会形成推進地域計画 [PDFファイル/1.99MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)