ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 動植物 > 狂犬病予防注射を受けましょう!

本文

狂犬病予防注射を受けましょう!

狂犬病予防注射の接種期間の延期について

狂犬病予防法により、飼い主には毎年一回4月1日から6月30日までに狂犬病予防注射が義務付けられています。

しかし、現在の新型コロナウイルス感染症の流行状況等を踏まえ、4月1日から6月30日の期間内に、狂犬病予防接種を受けさせることができなかった犬の所有者または管理者については、令和3年12月31日までの間に予防接種を受けさせた場合は、期間内に注射を受けさせたものとみなすこととなりました。

この改正は、新型コロナウイルス感染症の発生を踏まえた特例措置であり、予防注射の接種自体を不要とするものではありませんので、飼い主の方は、趣旨をご理解のうえ、期間内に狂犬病予防注射の接種をお願いいたします。

 

狂犬病予防注射および注射済票の交付

狂犬病予防法により、飼い犬には毎年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。

・ 動物病院で注射を受けた後は、「狂犬病予防注射済証明書」をお持ちのうえ、環境推進課で手続きしてください。既に市に登録のある方は、市から届いたはがき(犬の登録・狂犬病予防注射済票交付申請書)をあわせてお持ちいただければ、支所または各出張所でも手続きが可能です。

・ 注射済票は鑑札と同様に、飼い犬の首輪等に装着してください。

・ 注射済票を紛失したときは、再交付(手数料340円)を受けてください。

・ 病気等のために注射が受けられないと獣医師から診断された場合、市へお申し出ください。

・ 朝霞市では、毎年4月に集合狂犬病予防注射を実施しています。費用は1頭につき3,500円(注射料金2,950円+注射済票交付手数料550円)です。登録されている飼い主の方へは、ご案内のはがきをお送りしていますのでご確認ください。集合注射の日程・会場については、広報あさかでもご案内します。 なお、集合注射を利用されない場合は、動物病院で注射を接種し、市窓口で注射済票の交付を受けてください。

動物病院一覧(朝霞保健所管内狂犬病予防協会獣医師名簿)

 
  動物病院名 住所 電話番号
朝霞市 あさか台動物病院 朝霞市東弁財3-16-13 048-460-5522
くさか動物病院 朝霞市北原2-13-8 048-203-6168
さかい動物病院 朝霞市本町2-18-7 048-487-7032
志木市 アポロどうぶつ病院 志木市幸町3-4-10 048-471-1287
エリーどうぶつの病院 志木市本町3-1-64 048-423-3656
金子動物病院 志木市下宗岡3-3-24 048-474-7141
志木いわい動物病院 志木市柏町4-2-12 048-474-1222
ぬのかわ動物病院 志木市中宗岡2-16-30 048-474-2022
ヒロキ動物病院 志木市上宗岡5-9-13-101 048-476-2788
和光市 井口獣医科病院 和光市新倉2-29-5 048-465-1112
林獣医科病院 和光市新倉1-19-12 048-461-2318
新座市 あかり動物病院 新座市栗原2-2-38 1F 042-475-4566
あべ動物病院 新座市東北2-31-24 1F 048-471-8100
太田動物病院 新座市栄5-10-31 048-477-3464

※診療時間等については、各動物病院に直接お問い合わせください。

 

新年度(2021年度)の注射済票の交付~注射日にご注意ください!~

2021年3月2日より、新年度(2021年度)の注射済票の交付が始まります。狂犬病予防注射日が3月2日以降の場合、新年度の注射済票を交付します。注射日が3月1日以前の場合は、新年度の注射済票は交付できませんのでご注意ください。なお、2020年度の注射済票については、令和3年3月31日まで交付を行っておりますが、注射日が令和3年3月1日以前の場合に限ります。

<2020年度注射済票>             <2021年度注射済票>              

注射済票(赤)         2021年度狂犬病予防注射済票

注射日が2021年3月1日以前の場合      ※注射日が2021年3月2日以降の場合

           

※申請期間 2021年3月31日まで        ※申請期間 2021年3月2日から

                                 2022年3月31日まで