ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 商工業・農業 > 中小企業融資 > 市融資制度をご利用の方へ ~利子補給の申請はお済みですか?~

本文

市融資制度をご利用の方へ ~利子補給の申請はお済みですか?~

市中小企業融資制度および市起業家育成資金融資制度をご利用の方へ

朝霞市では、市中小企業融資制度および市起業家育成資金融資制度を利用している事業者の方に利子補給をしています。利子補給の対象となる方には、平成30年12月25日(月曜日)に申請書類を送付しています。

対象者

市融資制度の利用者で平成30年中に利子を支払った方。ただし、代位弁済を受けた方は利子補給の対象となりません。また、市外に転出した方は、転出した月までの支払利子が対象です。

対象利子

平成30年中に支払った約定利子。ただし返済が遅滞した月の支払利子は、約定利子、遅滞利子ともに対象外です。

補助率

市中小企業融資制度

支払利子の7分の4

平成26年3月31日までに融資が実行された方

支払利子の75%

市起業家育成資金融資制度

支払利子の100%

補助期間

市中小企業融資制度

運転資金:貸付日から起算して5年を経過した日まで
設備資金:貸付日から起算して6年を経過した日まで

平成26年3月31日までに融資が実行された方

運転資金:貸付日から起算して10年を経過した日まで
設備資金:貸付日から起算して12年を経過した日まで

市起業家育成資金融資制度

運転資金:貸付日から起算して7年を経過した日まで
設備資金:貸付日から起算して10年を経過した日まで

事業所の移転について

平成26年4月1日に市中小企業融資制度の法人登記要件を緩和しました。市中小企業融資利子補給補助金もそれに準じており、次に挙げる事例は補助対象となります。

・登記を市外に移したが、引き続き市内においても事業実態があり、法人市民税が納税されている事業所
※一度、市外に転出し再度市内に転入した事業所は対象外です。

申請方法

平成31年2月28日(木曜日)までに借り入れ先の金融機関で支払利子額の証明を受けた申請書を、産業振興課窓口に直接提出してください。申請書の提出が遅れた場合は利子補給の対象となりません。

※金融機関で利子額の証明を受けていない申請書については、受理することができませんのでご注意ください。

※郵送での提出は受け付けていません。

※対象となる方で申請書類が届いていない方は、至急、産業振興課までご連絡ください。

交付申請書

利子補給補助金交付申請書 [PDFファイル/91KB]

交付申請書(記入例)

利子補給補助金交付申請書記入例 [PDFファイル/192KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)