ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > 消費生活 > 1回限りの注文だと思ったら高額な定期購入だった!-ネット通販トラブルにご注意ー

本文

1回限りの注文だと思ったら高額な定期購入だった!-ネット通販トラブルにご注意ー

寄せられた相談の事例

お試しのつもりが、定期購入だった!?

スマホで、「今だけお試し価格の500円のみで購入できる」という除毛クリームを注文したが、一か月後また同じ商品が届き、代金9,800円の請求書が同梱されていた。
販売会社に問い合わせると、5回以上購入しなければならない定期購入の契約だと言う。
慌てて広告を確認すると画面の下のほうに小さな文字で「5回の定期購入が契約の条件で、2回目以降は9,800円になる」旨が記載されていた。

解約したいのに、電話が全然つながらない!

「初回購入価格500円、2回目以降は5,000円になる定期購入契約のサプリメントの広告を見た。次回発送日の1週間前までに解約の電話をすればいつでも解約可能とあったので、注文した。
初回の商品が届いたのち、解約をするため販売会社に電話をかけたが、混み合っているとアナウンスが流れて何回かけても一向につながらない。このままだと解約を申し出る期日が過ぎてしまう。

解説

定期購入の広告のイメージイラスト「お試し価格」、「初回限定」と通常よりも安く購入できる商品は、定期購入が条件になっている可能性があり、1回きりの購入だと認識して申し込んだつもりが実は定期購入契約だったという相談が増えています。

「定期購入が条件である」、「2回目以降の購入価格が変わる」旨がwebサイト上に記載されているものの、画面をスクロールしないと見られない位置に書かれていたり、ほかの字と比べて小さい文字で書かれていることもあり、注意が必要です。

化粧品やサプリメントなど、様々な商品で同様の相談が寄せられています。

アドバイス

定期購入の記載がないか確認

パソコンやスマートフォン等を利用して購入する場合は、最終画面までよく見て、定期購入が条件になっていないか確認しましょう。

解約や返品の条件を確認

通信販売にはクーリング・オフは適用されません。

「解約・返品できるかどうか」「解約・返品できる場合の条件」などの解約条件を注文前に必ず確認しましょう。

購入時等の記録を残す

万一のトラブルに備え、広告画面や注文画面、受注メールなど、記録を残しておくようにしましょう。

また、解約を申し出るときには、電話をかけた日時や回数、メールなどを記録しておきましょう。

関連記事

消費者情報アンテナ! [PDFファイル/786KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)