ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > ボランティア > 市民活動団体支援補助金(事業補助)
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > 協働 > 市民活動団体支援補助金(事業補助)

本文

市民活動団体支援補助金(事業補助)

事業補助

補助対象団体

市民活動を行うことを主たる目的とした、次の(1)から(8)のすべての要件に該当する団体 

(1)市民(市内在住、在勤、又は在学)を含む5人以上の構成員を有すること。
(2)市内に活動拠点があり、かつ、市内において活動を行っていること、又は行う見込みがあること。
(3)定款、会則、規約等を制定し、かつ、情報の公開に努めていること。
(4)営利を目的としないものであること。
(5)宗教・政治を主たる目的とするものでないこと。
(6)暴力団またはその構成員の統制下にないこと。
(7)特定の公職の候補者や政党等の推薦することなどを目的とするものでないこと。
(8)公序良俗に反することを目的とするものでないこと。

補助対象事業

団体が広く市民を対象に実施する、次の(1)から(20)のいずれかに該当する事業
 
(1)保健、医療又は福祉の増進を図る事業
(2)社会教育の推進を図る事業
(3)まちづくりの推進を図る事業
(4)観光の振興を図る事業
(5)農山漁村又は中山間地域の振興を図る事業
(6)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る事業
(7)環境の保全を図る事業
(8)災害救援事業
(9)地域安全事業
(10)人権の擁護又は平和の推進を図る事業
(11)国際協力の事業
(12)男女共同参画社会の形成の促進を図る事業
(13)子どもの健全育成を図る事業
(14)情報化社会の発展を図る事業
(15)科学技術の振興を図る事業
(16)経済活動の活性化を図る事業
(17)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する事業
(18)消費者の保護を図る事業
(19)前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の事業
(20)前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める事業
※趣味的な活動やサークル活動、団体の会員だけを対象とした事業は、補助金の対象になりません。
※国または地方公共団体(朝霞市を含む)から他の制度による補助等を受ける場合は対象になりません。

補助対象経費

・講師に対する謝礼、交通費
・事業を実施するために必要な実費(印刷・コピー代、資料作成費、通信費、会場使用料など)
・事業に必要な道具・機材等のレンタル料など

補助対象期間・補助金額

 令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)までに行う事業につき、3万円を限度に補助します。ただし、交付決定団体数が予算に定める範囲を超える場合は、限度額に満たない場合があります。 

申請期間

令和2年6月2日(火曜日)から令和2年6月23日(火曜日)

※今年度の申請受付は終了しました。

手引き・申請様式

下記のファイルからダウンロードしてください。

令和2年度市民活動団体支援補助金(事業補助)申請の手引き [PDFファイル/1.12MB]

朝霞市市民活動団体支援補助金交付請求書(様式第8号) [Wordファイル/20KB]
朝霞市市民活動団体支援補助金交付請求書(様式第8号) [PDFファイル/75KB]

朝霞市市民活動団体支援補助金交付事業等変更・中止承認申請書(様式第9号) [Wordファイル/19KB]
朝霞市市民活動団体支援補助金交付事業等変更・中止承認申請書(様式第9号) [PDFファイル/67KB]

朝霞市市民活動団体支援補助金事業実績報告書(様式第10号) [Wordファイル/32KB]
朝霞市市民活動団体支援補助金事業実績報告書(様式第10号) [PDFファイル/72KB]

朝霞市市民活動団体支援補助金事業収支決算書(様式第11号) [Wordファイル/26KB]
朝霞市市民活動団体支援補助金事業収支決算書(様式第11号) [PDFファイル/57KB]

問い合わせ

市民活動支援ステーション・シニア活動センター

〒351-0006

朝霞市仲町2-1-6-101

電話:048-463-1417

Fax:048-463-3199

E-mail:simin_katudo@city.asaka.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)