ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

自治会長研修会(令和元年度)

静岡県小山町の「富士スピードウェイ」を視察しました

 富士スピードウェイ  富士スピードウェイ

 富士スピードウェイ 

令和元年10月16日、静岡県小山町(おやまちょう)にある富士スピードウェイを訪問しました。朝霞市が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の射撃会場となっていることから、今年の研修テーマを「オリンピック・パラリンピック」として、同じく自転車競技会場となっている「富士スピードウェイ」を視察しました。視察では、競技当日の観客の流れや準備について話を聞くことができました。開催に向けた会場としての対応について学び、自分の住んでいるまちがオリンピック・パラリンピックの会場となることについて、地域としての関わりを考えるきっかけとなりました。

富士スピードウェイ

 富士スピードウェイは1966年に開業した世界でもトップクラスの設備を持つサーキットで、国内レースに限らずさまざまな国際レースが開催されています。主に4輪自動車レースの会場ですが、東京2020オリンピック・パラリンピックでは自転車の競技会場となります。なお、定期的にレーシングコースを自転車で走行できるイベントも開催されています。

 また、レースがない日でも入場が可能で、設備の見学ができます(有料)。