ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 上下水道 > 下水道 > 下水道ストックマネジメント計画を推進しています

本文

下水道ストックマネジメント計画を推進しています

下水道ストックマネジメント計画を推進しています

 朝霞市では、下水道施設を長期にわたり計画的かつ経済的に管理するために、下水道ストックマネジメント計画を策定し、下水道施設の適切な維持管理に努めています。

 

【下水道ストックマネジメント計画のスケジュール】

平成30年度

基本計画(基本方針)の策定

 下水道施設の重要性やリスクを評価し、約120km(汚水管約75km、雨水管約45km)を重要路線として位置付け、1~6期に分け調査を行っていくこととしました。重要路線以外の一般路線についても計画的に点検を行うこととしています。

基本計画スケジュール [PDFファイル/550KB]

 

令和元年度  

第1期分汚水幹線の調査

第1期分の汚水幹線約19.2kmについて、カメラまたは目視による管渠の劣化状況等の調査を行いました。

調査対象管渠位置図 [PDFファイル/2.45MB]

調査結果

診断

延長

緊急度I

(劣化が進行しており、すみやかな措置が必要)

なし

緊急度II

(劣化しており、計画的な対応が必要)

約1.05km

緊急度III

(劣化はしているが、当面の対策は不要)

約7.15km

緊急度IIIに満たないもの

約11.0km

 緊急度判定結果図 [PDFファイル/2.88MB]

・調査結果に基づいた修繕改築計画の策定

 調査結果を受け、緊急度II以上の施設について修繕改築の計画を策定しました。

対策内容

延長

改築

(布設替え等により、所定の耐用年数を新たに確保するもの)

約0.28km

修繕

(耐用年数内において、対象施設の機能を維持させるもの)

約0.77km

 

 

令和2年度

改築の対象となった管渠の工法検証及び実施設計 

 令和3年度から令和6年度に改築工事を行う予定の管渠、約0.28kmについて工法の検証及び実施設計を行いました。

 

令和3年度~令和6年度(予定)

改築・修繕の実施

約0.28kmの改築、約0.77kmの修繕を令和3年度から令和6年度にかけて実施していく予定です。改築工事の概算工事費は約1億7,000万円です。

改築・修繕実施予定箇所図 [PDFファイル/2.84MB]

 

※今後の予定については変更等が生じる場合があります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)