ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 都市計画 > 景観 > 機械式駐車設備の安全基準に係る日本工業規格の制定について

本文

機械式駐車設備の安全基準に係る日本工業規格の制定について


 国土交通省は、平成29年5月25日、機械式駐車設備の安全基準に係る日本工業規格(機械式駐車設備の安全要求事項(JIS B 9991))を制定しました。

 機械式立体駐車場は、限られた土地スペースを有効活用することが可能なことから、1980年代後半より都市部で急速に普及いたしました。
 一方で、機械式立体駐車場の利用者が機械に身体を挟まれ死亡する事故等が発生していることに鑑み、国土交通省では、機械式駐車装置の安全機能に係る大臣認定制度を平成27年より運用しており、今般、機械式駐車設備の安全基準に係る日本工業規格が制定されました。
 機械式駐車場を設置している方、また設置しようとしている方は、ご留意ください。

詳しくは、国土交通省のホームページをご覧ください。
国土交通省ホームページ:http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi09_hh_000034.html