ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 交通 > 公共交通 > 朝霞駅1番線ホームが車いす等をお使いのお客さまにとって利用しやすい環境となりました

本文

朝霞駅1番線ホームが車いす等をお使いのお客さまにとって利用しやすい環境となりました

東武鉄道は朝霞駅1番線ホームにおいてプラットホームと車両乗降口の段差・隙間の縮小する工事を実施しました

東武鉄道において、車いす等をお使いのお客さまがご利用しやすい環境整備として、東武東上線朝霞駅1番線のプラットホームと車両乗降口の段差・隙間を縮小する工事に着手していただきました。

朝霞駅ではプラットホームにおいて、「くし状ゴムの設置」を実施し、プラットホームと車両乗降口の段差・隙間を縮小しております。また、縮小した箇所には、「プラットホームと車両乗降口の段差・隙間が縮小されている箇所」であることを示す案内掲示を足元およびホームドア等に掲出することで、より分かりやすいご案内をしていただいております。

詳細につきましては東武鉄道ホームページ(https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/202107141610056zzt_h3P_VU4EtSff_1eLg.pdf)をご参照ください。

朝霞駅1番線ホーム①  朝霞駅1番線ホーム② 朝霞駅1番線ホーム⑤  朝霞駅1番線ホーム④

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)