ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 交流事業 > 大学連携 > 学校法人東洋大学の朝霞キャンパスについて

本文

学校法人東洋大学の朝霞キャンパスについて

東洋大学 学部再編に伴う朝霞キャンパス整備のお知らせ

 東洋大学では、令和6(2024)年4月の生命科学部・食環境科学部等の移転に向けて、校舎の建替、改修等を令和3(2021)年4月から令和6(2024)年3月にかけて実施します。

  • 令和3(2021)年は、一部既存校舎(講義棟、研究管理棟、実験工房棟)解体工事を予定しています。4月から準備工事をはじめ、6月から11月まで解体工事を実施します。
  • 令和4(2022)年より新校舎建設工事及び既存建物改修工事等を計画しています。

 

令和6(2024)年4月、東洋大学朝霞キャンパスへ生命科学部・食環境科学部等が移転します

 東洋大学では、キャンパスが分散している生命分野に関する学部・学科の統合や連携強化等を目的に、キャンパスの再編を計画しています。

板倉キャンパスから移転

  • 生命科学部(入学定員 226名)​
    •  生命科学科
    •  応用生物科学科
  • 食環境科学部(同 170名)
    • 食環境科学科 フードサイエンス専攻
    • 健康栄養学科
  • 生命科学研究科(同 博士前期課程 20名 博士後期課程 4名)
  • 食環境科学研究科(同 博士前期課程 10名 博士後期課程 2名)

川越キャンパスから移転

  • 理工学部 生体医工学科(入学定員 113名)
  • 理工学研究科 生体医工学専攻(同 博士前期課程 18名 博士後期課程 3名)

 なお、ライフデザイン学部(入学定員556名)及びライフデザイン学研究科(同 博士前期課程 30名 博士後期課程 9名)については、令和3(2021)年4月から、赤羽台キャンパスに移転しました。