ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

食品ロスを減らしましょう

食品ロスを減らしましょう(食品ロスの削減の推進に関する法律が施行されました)

食品ロスの削減の推進に関する法律が施行されました。

 「食品ロスの削減の推進に関する法律」が令和元年5月31日に、令和元年法律第19号として交付され、令和元年10月1日に施行されました。この法律は、食品ロス削減に関し、国、地方公共団体等の責務等を明らかにするとともに、基本方針の策定その他食品ロスの削減に関する施策の基本となる事項を定めること等により、食品ロス削減を総合的に推進することを目的としております。

 食品ロスの削減の推進に関する法律

10月は食品ロス削減月間、同月30日は食品ロス削減の日です。

 「食品ロス削減の推進に関する法律」では、10月は食品ロス削減月間、同月30日を食品ロス削減の日としております。

・各家庭におきましては、下記の取り組みについて実践していただきますようお願いいたします。

・各事業所におきましては、食品ロス削減について積極的に取り組むように努めていただきますようおねがいいたします。

 各飲食店におきましては、全国おいしい食べきり運動ネットワーク事業では、「飲食店等の食品ロス削減のための施策バンク」を公表しておりますので、これらを参考に、食品ロス削減に努めていただきますようお願いいたします。

 彩の国エコグルメ事業

もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らしましょう!!

食品ロスとは

 まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間約643万トン(平成28年度推計)にも上ります。食品ロスの削減は、廃棄物のリデュースのみならず、温室効果ガス削減等、環境負荷の低減にもつながります。

 ※事業系 352万トン

 ※家庭系 291万トン

普段からできる食品ロスを削減するための取組を紹介します。

 ○買い物では

  ・食品庫や、在庫をしっかり管理して、無駄なものは買わないようにする。

  ・まとめ買いはできるだけ避け、必要なものは必要な分だけ購入する。

  ・すぐに食べるものは、賞味期限、消費期限が近いものを優先的に購入する。

  ・とても食べきれない量を収穫したり、人からもらった時は、早めにおすそ分けをする。

 ○調理では

  ・食材を使いきる調理法を実践する。

  ・賞味期限と消費期限の違いをしっかりと理解する。

  ※消費期限とは・・期限を過ぎたら食べないほうがよい食材。

  ※賞味期限とは・・おいしく食べることができる期限。この期限を過ぎても、すぐに食べられない

           ということはありません。

 ○片づけでは

  ・余った料理や食材も早めに食べるようにする。

  ・定期的に冷蔵庫の整理をする。

  ・生ごみはできるだけ濡らさないようにする。

  ・水気をしっかりと切ってから捨てる。

 ○宴会では

  ・宴会での食べ残しを防ぐため、締め切りの15分間は「宴会五ケ条」「30・10運動」を実施

   しましょう。

   「宴会五ケ条」「30・10運動」

    其の1 まずは、適量注文。

    其の2 幹事さんから「おいしく食べきろう!」の声かけ。

    其の3 開始30分、終了10分は、席を立たずにしっかり食べる「食べきりタイム!」。

    其の4 食べきれない料理は、仲間で分け合おう。

    其の5 それでも食べきなかった料理は、お店の方に確認して持ち帰りましょう。

  「もったいない」を心がけ、食品ロス削減の取り組みにご協力ください。

  ・残った料理をゆっくりと味わう時間にしましょう。

  ・料理の残り具合を見ながら、幹事さんがお声かけしてください。

関連ホームページ

 埼玉県「食べきりSaitama大作戦」

 全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会公式ホームページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)