ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

焼却灰の放射性物質濃度の測定結果

朝霞市クリーンセンターにおける焼却灰の放射性物質の測定結果をお知らせします。

検査の概要

1 試料採取日

 令和3年8月19日(木曜日)

2 試料採取場所

 クリーンセンター内 ごみ焼却処理施設

3 測定結果

 今回の測定結果は、国で定めた基準値(8,000ベクレル/キログラム)を大幅に下回るものでした。

測定単位 Bq(ベクレル)/kg(キログラム)
測定年

測定月日

検体 放射性セシウム134 放射性セシウム137 セシウム合計値
令和3年 8月19日 焼却灰 不検出 不検出
飛灰 不検出 24 24

 ※焼却灰とは、燃やしたごみの燃えがらのことで、焼却炉の底から排出される灰です。

 ※飛灰とは、ろ過式集じん機などで捕集した排ガスに含まれているダスト(ばいじん)です。

 ※表中の不検出とは測定限界値未満を示します。(測定限界値 セシウム134、137:16Bq/kg)

過去の測定結果

測定単位 Bq(ベクレル)/kg(キログラム)
測定年

測定月日

検体 放射性セシウム134 放射性セシウム137 セシウム合計値
令和3年 4月28日 焼却灰 不検出 不検出
飛灰 不検出 41 41
令和3年 5月25日 焼却灰 不検出 不検出
飛灰 不検出 34 34
令和3年 6月8日 焼却灰 不検出 不検出
飛灰 不検出 44 44
令和3年 7月14日 焼却灰 不検出 不検出
飛灰 不検出 44 44

 ※令和2年度以前の測定結果については、こちら [PDFファイル/29KB]をご覧ください。

 ※放射性ヨウ素の濃度測定については、平成24年4月から国のガイドラインで調査義務の免除を受けた施設となったため、除外しました。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)