ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ごみ・リサイクル > ごみ処理に関する施策・リサイクル(3R) > レジ袋有料化が2020年7月1日からスタートします。

本文

レジ袋有料化が2020年7月1日からスタートします。

レジ袋(プラスチック製買い物袋)有料化がスタートします。

 2020年7月1日から、全国一律でレジ袋の有料化が始まります。これは、海洋プラスチック問題や地球温暖化などの解決に向けた取り組みで、レジ袋有料化をきっかけに消費者のライフスタイルの変革を促すことが目的です。普段何気なくもらっているレジ袋ですが、もらう前にそれが本当に必要かを考えていただき、これからはエコバッグを持ち歩くなど、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

 

対象となる事業者

プラスチック製買い物袋を扱う小売業を営むすべての事業者が対象となります。主な業種が小売業でない事業者(製造業やサービス業)であっても、事業の一部として小売業を行っている場合は、有料化の対象となります。

対象となる買物袋

有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買い物袋です。

有料化の対象外となる買い物袋

(1)プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの(繰り返し利用が可能なため)

(2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの

(3)バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

レジ袋の価格設定や売り上げの使途

価格は各事業者が自ら判断するものとされております。ただし、1枚あたりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは有料化にあたりません。売り上げの使途については、事業者自らが判断してもよいことになっております。ただし、消費者の理解促進のために売り上げの使途については自主的に情報発信を心がけましょう。

 

レジ袋削減にご協力ください [PDFファイル/198KB]

プラスチック製買物袋の有料化に関する訴求メッセージ [PDFファイル/1.28MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーに登録する
Yahoo!カレンダーに登録する