ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウィルス検査キットの捨て方

新型コロナウィルス検査キットの捨て方について 

新型コロナウィルスなどの感染症対策のため、ご家庭で使用済みの新型コロナウィルス検査キットを捨てる場合、次のことを守ってください。

○市販されているPCR検査、抗原検査、抗体検査ができるキット(プラスチックが主材料で針のないもの)については、ビニール袋(検査キットに液が入っている場合や検査キットが袋の外側に触れた場合は袋を2重にする)に入れて4日間自宅で保管し、4日経過したら「可燃ごみ(燃やすごみ)」としてお出しください。その際は、可燃ごみの真ん中あたりに、袋に入れた検査キットを入れるようにしてから、ごみ集積所にお出しください。

※付着したものの種類によって、ウィルスは24時間から72時間ほど感染力を持つと言われています。

※針のあるものは、購入店またはメーカーに捨て方をお問合せください。市では処理できません。

※検査キットを袋に入れた後は、石鹸を使ってよく手を洗ってください。

以上のことに気を付けてごみを出していただくことが、ご家族にとっても、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上でも、大切な行動です。

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。