ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 動植物 > 野生動物にエサをあげないでください

本文

野生動物にエサをあげないでください

野生動物にエサをあげないで!!

 野生動物は自然の中で自然のままの食べ物を食べて生きています。

 野生動物は本来、自然の中で生活を営んでおり、自然界の食べ物が豊富な時期には個体数が増え、少ない時期には個体数が減ります。しかし、人が野生動物にエサをあげると、個体数を過度に増やすことにつながります。

 野生動物は自然のままの状態でいることが、健全なすがたです。エサやり防止へのご理解とご協力をお願いいたします。

なぜエサをやってはいけないの?

  健康被害衛生被害生態系崩壊

  騒音被害農作物被害

・栄養状態がよくなるため、一年に何度も繁殖し個体数が増えます。

・鳴き声やフンなどにより、生活環境に被害をもたらします。

・個体数の増加により、動物間で感染症などの病気が広がるおそれがあります。

・生活環境被害のほか、農作物への被害をもたらすおそれがあります。

・被害を受けている場所では、やむを得ず駆除が必要となる場合もあります。

・自然のバランスが崩れ、他の動物や植物に悪い影響を及ぼすおそれがあります。

・人を怖がらなくなり、食べ物をねだるようになったり、襲いかかってくることがあります。


 野生動物はペットではありません。「かわいいから」などの理由で野生動物にエサをあげると、より多くの個体が集まるようになり、その周辺では多くの被害が発生し、周辺に住んでいる方の迷惑になります。

 また、本来は保護すべき、愛されるべき野生動物を嫌う人々が出てくるなど、社会的な問題も発生してしまいます。

 人間と野生動物がより良い関係を築いていくためにも、むやみにエサやりを行わないようお願いいたします。

 

各種情報

ドバト被害防止パンフレット「エサをあげないで!」【環境省】(外部サイト)

カラス被害防止パンフレット「都会のカラス~その被害と私たちにできること~」【環境省】(外部サイト)