ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市民葬のご案内

 亡くなられた方に礼をつくし、経費をあまりかけないで心のこもった葬儀を行うことができるように、市が葬儀の仕様を定め、葬儀費用の一部について、市が直接葬儀社に支払う形で負担します。

 ただし、葬儀実施前に制度利用の申請書を提出の上、市指定委託葬儀社を利用した場合に限ります。

朝霞市市民葬のご案内 [PDFファイル/201KB]

利用資格

 1)亡くなられた方または葬儀を行う方の住民登録が朝霞市にあること

 2)市指定委託葬儀社を利用すること

 3)葬儀を原則として朝霞市内で行うこと

利用申し込み 

 市指定の委託葬儀社へ「市民葬儀」と指定し、直接お申し込みください。なお、葬儀終了後の申請は認められません。

市の費用負担

仕様 市の費用負担額
   仕様1

 20,000円

   仕様2
   仕様3

 10,000円

  総経費から市負担分を差し引いた金額を市指定の委託葬儀社にお支払いください。

葬儀の仕様と経費(税別)

仕様1

仕様2

仕様3

設備

費用

設備

費用

設備

費用

祭壇及び葬具

(3段飾り)

75,000円

祭壇及び葬具

(5段飾りまたは4段飾り)

140,000円

葬具

45,000円

火葬

(最上等)

6歳以上

64,000円

火葬

(最上等)

6歳以上

64,000円

火葬

(最上等)

6歳以上

71,700円

6歳未満

33,800円

6歳未満

33,800円

6歳未満

37,900円

霊柩車

特別車

23,100円

霊柩車

指定車

30,000円

霊柩車

使用なし

普通車

13,700円

 

 仕様に含まれる付属品

窓付き桐(仕様1、3)、窓付き特上桐(仕様2)、白布内装、棺覆い、防水紙、かたびら、布団、数珠、杖、笠、足袋、草履、

骨つぼ、骨箱、風呂敷、記名料

上記設備のほか、以下のうちから必要なもの

位牌、後幕、故柩紙、焼香机、抹香、祭壇用鯨幕、香炭、受付紙、指差紙、忌中紙、忌中額またはすだれ、香典帳、会葬帳、買物帳

 ※仕様に含まれない付属品は、別料金となります。
 ※その他、お布施、火葬場待合室料金、心付(清め料)等については、別負担となります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)