ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > ようこそ市長室へ > 市長コラム > 市長コラム令和2年6月「支(ささえる)」

本文

市長コラム令和2年6月「支(ささえる)」

令和2年6月「支(ささえる)」

 皆さんこんにちは。
 皆さんの外出自粛等のご協力により、この原稿を書いている5月中旬現在、新型コロナウイルスの新規感染者数が徐々に減少しています。しかし、まだまだ油断は禁物です。人との間隔を保ったり、手洗いを丁寧に行うなど、これからも気を緩めずに新しい生活様式に基づいた行動を心がけていただきたいと思います。
 さて、新型コロナウイルスの拡大防止に伴う緊急事態宣言により、外出の自粛や店舗等の休業等が行われるなど、私たちの生活に大きな影響が出ています。今回、国の施策で、住民基本台帳に記載されている方ひとりにつき10万円の特別定額給付金を世帯単位で給付することになりました。これに対応するため、さっそくプロジェクトチームを立ち上げ、5月1日に相談窓口を開設するとともに、マイナンバーカードを利用したオンライン申請の受け付けを開始しました。また、郵送での申請については、現在、全力で事務を進めていて、5月末までには郵送申請用の書類が皆さんのお手元に届く予定です。詳しくは、特別定額給付金相談窓口(電話番号0120-638-142)までお問い合わせください。さらに、子育て世帯への臨時特別給付金として、児童手当を受給している世帯に対して、国から1万円が給付されますが、今回、市独自の支援(あさかスマイルキッズ臨時特別給付金) として、対象児童ひとりにつき5千円を上乗せして支給します。家計への負担が少しでも軽減されればと思います。
 ところで、事業者向けの市独自の支援策として、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが減少している中小企業、小規模企業者、個人事業主の方々に10万円の支援金を支給することにしました。今年1月から12月までの間、いずれか1か月の売り上げが、昨年の同じ月と比べて20%以上減少していること等が条件となりますが、該当される方は積極的に活用していただきたいと思います。さらに、2月から10月までの間に持ち帰りや宅配を新たに始めた飲食業の方に対しては、奨励金として5万円を支給します。こちらもぜひご活用ください。詳しくは、産業振興課(電話番号463-1903)までお問い合わせください。
 では、また。

 朝霞市長 富岡 勝則