ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

平成31年度施政方針

 我が国の経済状況は、雇用・所得環境の改善により個人消費が持ち直しを見せるなど、緩やかな回復基調が続いており、企業収益が過去最高を記録する中で、先端技術や人手不足を背景とした合理化・省力化に向けた設備投資が増加基調にあり、今後も景気回復は続くものと見込まれます。

 こうした状況のもと、国の平成31年度予算においては、改善傾向にある企業業績や消費税増税を背景に税収増を見込むものの、高齢化に伴う医療・介護費の自然増、消費増税の増収分を活用する幼児教育無償化などを要因に社会保障費が増大し、歳出が税収を上回る状況にあります。

 本市の財政状況におきましても、市税収入が伸び、歳入の増加が見込めるものの、歳出においては、社会保障費の増加が続いており、依然として大変厳しい状況となっております。今後も市民サービスの維持・向上を図っていくためには、歳入の確保に最大限努めながら、歳出にあっては、これまで以上に最少の経費で最大の効果をあげられるよう、新たな観点から創意と工夫を採り入れていかなくてはならないものと考えております。

 こうした状況を踏まえ、平成31年度の予算編成につきましても、限られた財源を効率的・効果的に活用できるよう、事務事業の見直しを行い、優先付けを徹底し、重点的に取り組む施策の選択と集中を行ったところでございます。

 それでは、ここで、第5次朝霞市総合計画で定める将来像「私が 暮らしつづけたいまち 朝霞」の実現に向けて設けました4つの基本概念、「安全・安心なまち」、「子育てがしやすいまち」、「つながりのある元気なまち」、「自然・環境に恵まれたまち」に沿って、平成31年度に重点的に取り組む主な施策を申し上げます。

 1点目の「安全・安心なまち」を目指して取り組む施策としましては、防災対策として、発災当初の避難所における行動を想定し、避難所開設の行動手順書および各種掲示物を収納した避難所開設キットを作成するほか、引き続き防災行政無線のデジタル化を進めてまいります。

 公共施設の管理に関する取り組みでは、朝霞市公共施設等総合管理計画などに基づき、公共施設ごとの具体的な維持管理方針を定める計画として、(仮称)あさかFMアクションプランの策定作業を開始します。

 保健・福祉では、精神保健事業として、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」を目指し、自殺対策の方針や目標などを定める自殺対策計画を策定します。

 そして、地域における高齢者の福祉、障害者の福祉、児童の福祉などに関し、共通して取り組むべき事項を定める第4期朝霞市地域福祉計画や、高齢者に関する各種の保健福祉事業や介護保険制度の円滑な実施に関する総合的な計画として、第8期朝霞市高齢者福祉計画・介護保険事業計画の策定作業を開始します。このほか、高齢者支援策として、特別養護老人ホーム朝光苑において、利用者が安心して過ごせる環境を整えるため、給湯・暖房用ボイラーの更新工事を行います。

 都市基盤では、公園施設長寿命化計画に基づき、滝の根公園などの都市公園の遊具等の更新工事を行い、公園施設の長寿命化を図ります。

 教育では、中央公民館において、利用者の利便性向上のため、1階ロビー裏口に新たにスロープを設置するほか、図書館本館について、安全対策として、外壁打診調査を実施し、安全性の確認を行います。

 次に、2点目の「子育てがしやすいまち」を目指して取り組む施策としましては、子育て支援では、今後の子育て支援施策のあり方や方向性を示す指針として、子ども・子育て支援事業計画を策定します。そして、さらなる待機児童解消に向けた対策としまして、平成31年4月には認可保育園2園と小規模保育施設5か所を開園し、引き続き認可保育園の整備を進めてまいります。このほか、TMGあさか医療センター附属たまご保育園で実施する病児保育室について、生活保護世帯等の利用料金を免除するための費用を負担する病児保育事業補助金を新設するほか、新たに放課後児童クラブを実施するために必要となる施設の改修、設備の整備・修繕等を行う事業などに対して補助金を交付することにより、円滑に事業を実施できるよう支援を行います。

 教育では、「地域とともにある学校づくり」を推進し、学校運営の改善や児童生徒の健全育成に取り組むため、学校運営協議会を設置します。また、学校医および学校薬剤師の報酬の改定を行うほか、特別支援学級を朝霞第八小学校、第九小学校にも設置し、障害のある児童に適した教育の充実を図ります。

 このほか、学校施設の長寿命化を図るため、基礎調査等を行います。平成29年度からスタートした小・中学校の屋内運動場への空調設備の整備につきましては、平成31年度は、小学校3校において工事を行うほか、新たに小学校3校で設計を行い、快適な教育環境で学習ができるよう学校施設の整備を図ってまいります。

 次に、3点目の「つながりのある元気なまち」を目指して取り組む施策としましては、福祉では、成年後見制度など複雑化、多様化する市民の皆様からの相談に対応するため、専門知識を有する有資格者からのアドバイスを活用するなど福祉相談体制の充実を図ります。

 保健事業では、風しんの流行対策として、抗体保有率が低いとされる昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、3年間の期間を限定し、予防接種法に基づく定期接種の対象とします。

 都市基盤では、交通対策として、公共交通事業者、関係行政機関およびバス利用者などを構成員とした地域公共交通協議会を設置し、市内循環バスの運行見直し方針を検討するなど、市民の皆様のニーズと地域特性に応じた効果的・効率的な地域公共交通の実現を目指します。

 生涯学習では、「誰もが いつでも どこでも楽しめる生涯スポーツの実現」を目標としたスポーツ推進計画の計画期間が平成32年度末で終了するため、(仮称)第2次朝霞市スポーツ推進計画の策定作業を開始します。また、博物館事業において、市民の皆様が美術作品に触れる機会として、丸沼芸術の森と美術分野の展覧会を共催し、本市の美術活動の振興を図ります。

 次に、4点目の「自然・環境に恵まれたまち」を目指して取り組む施策としましては、広域でのごみ処理体制の検討を進めるため、協議会を設置し、本市と和光市におけるごみ処理基本構想などの策定作業を開始するほか、既存のごみ焼却処理施設の補修工事を行い、施設設備の延命化を図ります。

 このほか、4つの基本概念を包括する取り組みとしまして、第5次総合計画の基本構想の理念に基づき策定した前期基本計画の計画期間が平成32年度で終了することから、次の5年間の施策を体系的に定める後期基本計画の策定作業や男女平等推進行動計画後期計画の策定作業を開始いたします。そして、消費税率の引上げが低所得者・子育て世帯の消費に与える影響を緩和するほか、地域における消費を喚起することを目的として、プレミアム付き商品券の販売を予定しています。

 最後に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、平成31年度に重点的に取り組む主な施策を申し上げます。機運醸成への取り組みとして、東京2020オリンピック・パラリンピックまであと1年となることから「1年前イベント」を開催いたします。また、日本オリンピック委員会が実施している「オリンピック教室」を市内の中学校で引き続き実施します。オリンピアンの指導による競技の体験や御自身の経験などをお話しいただき、スポーツやオリンピックの理念やその役割について学んでいただきます。このほか、日本サッカー協会による「こころのプロジェクト」を市内小学校全校で実施し、Jリーガーやなでしこリーグで活躍されている選手の方などから、「フェアプレー精神」や「夢を持つことの素晴らしさ」、「努力することの大切さ」などについて、子どもたちに伝えていただきます。

 ユニバーサルデザインへの取り組みとして、市役所本館1階トイレや朝霞中央公園のトイレなどについて、誰でも快適に利用できるようバリアフリー改修を行うほか、朝霞駅から競技会場までの歩道などについて、バリアフリー化の工事を行います。また、市内で飲食業や小売業等を営む中小事業者が、手すりやスロープの設置など、店舗のバリアフリー化に向けたリフォームを行う際の補助金や障害のある方への配慮として、点字メニューやメニューの音声訳、コミュニケーションボードなどを作成または購入する際の補助金制度を設けます。このほか、朝霞駅南口に設置されている案内板や朝霞駅から競技会場までのルートの道路案内標識、地点名標識を多言語化いたします。

 以上のような基本的な考え方に基づきまして、編成いたしました平成31年度一般会計予算は、前年度当初予算に対し、4.9パーセント増の428億円でございます。

主要な事業

【新規事業】

◦ 避難所開設キット作成

◦ 病児保育事業補助金

◦ 学校運営協議会の設置

◦(仮称)丸沼芸術の森展の開催

◦ ごみ処理広域化事業

◦ 地域公共交通協議会の設置

◦ プレミアム付商品券発行

【内容を拡充した事業】

◦ 民設の認可保育園の整備補助金

◦ 放課後児童クラブ整備事業補助金

◦ 放課後児童クラブ運営事業補助金

◦ 私立幼稚園就園奨励費補助金

◦ 風しん対策事業

◦ 学校医・学校薬剤師報酬の改定

◦ 特別支援学級設置校の増設

◦ 配偶者暴力相談支援センター相談事業

【計画策定】

◦ 子ども・子育て支援事業計画の策定

◦ 高齢者福祉計画及び介護保険事業計画の策定

◦ 地域福祉計画の策定

◦ 自殺対策計画の策定

◦ 学校施設長寿命化計画の策定

◦ スポーツ推進計画の策定

◦(仮称)あさかFMアクションプランの策定

◦ 第5次総合計画後期基本計画の策定

【工事】

◦ 特別養護老人ホーム朝光苑施設改修工事

◦ 朝霞第八小学校自校給食施設等整備事業

【オリンピック・パラリンピック】

◦ アクセスルートのバリアフリー化

◦ バリアフリー工事補助金

◦ オリンピック・パラリンピック1年前イベント

◦ 日本オリンピック委員会オリンピック教室

◦ 日本サッカー協会こころのプロジェクト