ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

朝霞市入学準備金貸付制度

小・中学校の入学時学用品等の購入資金にお困りの方に

  学校教育法に規定する小学校、中学校、義務教育学校に入学する児童生徒の保護者で、新入学学用品等を購入するための資金調達が困難な方に、審査のうえで入学準備金を貸付けしています。

申込受付期間

  毎年度10月1日から翌年1月31日まで

  (受付最終日が市役所閉庁日の場合は、翌開庁日となります。)

貸付額について

  5万円、7万円、10万円の中から必要に応じて選択できます。

返済について

  ・利息は無利息です。
  ・入学した年の7月から毎月月末までに5,000円の納付書による月賦返済となります。
   ※繰り上げ返済、一括返済もできます。

申し込みができる方

  次の要件をすべて満たしている方が対象となります。

  ・市内に住所を有し、申込期間の末日において引き続き2年以上居住していること。
  ・小学校や中学校等に入学することが確実である児童生徒の保護者であること。
  ・新入学学用品等を購入するための資金調達が困難であること。
  ・朝霞市入学準備金または朝霞市奨学金の貸付けを受けている場合は、この貸付金の返済
   を滞納していないこと。

申し込みに必要な書類

  以下の書類については、9月頃に更新いたします。

  (1)入学準備金貸付申込書(小学校等)

高等学校・大学等の入学金にお困りの方に

 学校教育法に規定する高等学校、大学等、専修学校に入学する方の保護者で、入学金等の資金調達が困難な方に、審査のうえで入学準備金を貸付けしています。
 なお、申し込みについては、受験前でもお申し込みいただけます。

申込受付期間

  毎年度10月1日から翌年1月15日まで

  (受付最終日が市役所閉庁日の場合は、翌開庁日となります。)

貸付限度額について

  ・高等学校(中等教育学校の後期課程、高等専門学校、専修学校(専門課程以外の課程)を
   含む。)
   国立・公立の場合 20万円以内   私立の場合 45万円以内

  ・大学(短期大学、専修学校(専門課程)を含む。)
   70万円以内

返済について

  ・利息は無利息です。
  ・貸付けの日の翌月の初日から起算して6か月を経過した後、高等学校は30か月以内、大学
   は42か月以内に返済していただきます。
  ・毎月末に市指定金融機関の口座から口座振替による月賦返済となります。
   ※繰り上げ返済、一括返済もできます。

申し込みができる方

  次の要件をすべて満たしている方が対象になります。

  ・市内に住所を有し、申込期間の末日において引き続き2年以上居住していること。
  ・高等学校、大学に入学することが確実である方の保護者であること。
  ・朝霞市入学準備金または朝霞市奨学金の貸付けを受けている場合は、この貸付金の返済を
   滞納していないこと。
  ※申し込みには、一人以上の連帯保証人が必要です。

申し込みに必要な書類

  以下の書類については、9月頃に更新いたします。

  (1)入学準備金貸付申込書(高等学校等)
  (2)家庭調書
  (3)資金調達計画書
  (4)卒業(見込)証明書(朝霞市立中学校在学中の場合は除く。)
  (5)資金調達計画書の入学時納付金額が確認できる書類(例:入学案内等)
 ※朝霞市外に連帯保証人がお住まいの場合は、以下についてもご用意ください。
  (6)住民票の写し(連帯保証人のみ)
  (7)申込年度の市区町村民税課税証明書(連帯保証人のみ)  

連帯保証人について

  次の要件をすべて満たしている方となります。

  ・独立した生計を営む(申込者と別世帯)満18歳以上の方。
  ・申込日の年度に市区町村民税の課税があること。
  ・申込日において、破産法に基づく自己破産の申立てをし、破産手続が開始されてから免責の
   許可または不許可が決定するまでの期間中ではないこと。
  ・朝霞市入学準備金の貸付けを受けている方または申込者ではないこと。