ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

アクセス

東京2020組織委員会

埼玉で開催!Tokyo2020


本文

パラリンピックの聖火リレーランナーを紹介します!「古谷直樹(ふるやなおき)」さん

東京2020パラリンピック聖火リレーが2021年8月19日(木曜日)に朝霞市を通過します。

朝霞市に在住で東京2020パラリンピック聖火ランナーに選出された古谷直樹(ふるやなおき)さんにお話しを伺いました。

 

インタビュー

古谷さん

聖火ランナーに応募した理由を教えてください。

古谷さん「一生に一度あるかないか、そして、東京で開催されるということもあり、これから選手として参加するのは無理なので、ボランティアや聖火ランナーなど、何らかの形で、大会に関わりたいなと思い、応募させていただきました。」

 聖火ランナーに選ばれた今の気持ちを教えてください。

古谷さん「今の状況で、できるのかできないのか、半信半疑の部分もあります。ただ、メディアで聖火リレーのことを見たりすると、本当にやる事になったんだなあと、ようやく実感が湧いてきているのが正直な気持ちです。」

聖火リレー本番に向けて取り組んでいることがありますか。

古谷さん「特に今は、体力づくりをしたり、走ったりしてはしていません。コロナウイルス感染症のこともありますので健康維持から始めて、徐々に準備していきたいなと思っているところです。」

聖火ランナーとして走る意気込みを教えてください。

古谷さん「コロナウイルス感染症の暗いニュースの中で、オリンピック・パラリンピックに対しても様々な意見があるかと思います。でも、せっかく朝霞を走れるかもしれないということなので、今までお世話になった方々が少しでも笑顔になったり、元気になってもらうことができるように一生懸命頑張りたいと思っています。」

聖火ランナーとして走る姿をどなたに見てもらいたいですか。

古谷さん「朝霞に住んで約20年、地域の方や学校の方など、色々な方に助けていただいて今日の私がいます。そういった今までお世話になった方々に少しでも「頑張ってるな」「元気だね」と思ってもらえるような走りが出来ればと思います。」

朝霞市民へメッセージをお願いします。

「最近はテレビをつけていても、気がめいってしまうようなニュースばかりが溢れています。でも、せっかく朝霞市が聖火リレーのコースになり、射撃の会場でもあるということなので、これを機にみんなで盛り上げて「埼玉は元気ですよ!」「朝霞は元気ですよ!」っていうことを、皆さんに向けて発信できるようなきっかけになったらいいなと思います。」

古谷さん

パラリンピック聖火リレーについて

埼玉県でのパラリンピック聖火リレーは、8月19日(木曜日)に6市町を通過します。最終地となる朝霞中央公園陸上競技場では、聖火リレーを終えた「埼玉県のパラリンピック聖火」を東京へ送り出す“出立式”というセレモニーが行われます。

※パラリンピック聖火リレーの詳細は、埼玉県ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

また、朝霞市は7月6日(火曜日)の東京2020オリンピック聖火リレーとあわせて、埼玉県で唯一オリンピック・パラリンピックの両大会の聖火リレーが通過する市です。

今後も感染症対策を十分に行い、安心・安全な大会及び聖火リレーの準備を進めていきます。